今から偵察に行ってきます!。。。が!

来月、近くの保育園の誕生会でよみきかせをすることになっている。
誕生会がどんな流れになっているか、偵察してこないと、
園児たちを混乱の渦に巻き込む危険性が大。

人数やら集中度やら隊形やら先生の位置やらなにやらを見てきて、
来月の「よみきかせ」を楽しいものにしたい!

そろそろ行かねば。

・・・と勇んで出かけたのに、
「わあ、保育園児、か~わいい。」と癒されただけで
打合せもそこそこに帰ってきた私であった。

# by barnes_and_noble | 2017-09-20 09:31 | | Comments(0)

進化していく公園

近くに四季それぞれを楽しめる公園があって、
通勤の時に通るというプチ贅沢をしているが、
その公園が整備されて、しかもわが家の方向に広がってきた。

それに応じて、公園を楽しむ人たちが増えてきて、とてもよい空間になっている。
ジョギング、ウォーキング、犬の散歩、ボール遊び、ベンチでくつろぎ、
水遊びをし、凧揚げをし・・・人それぞれの過ごし方をしている。

もとは競馬場の公園、まだまだ進化は続いている。
市の公園だが、こんなに進化をとげていることを知らない人も多い。
知ってほしいような、知らないでいてほしいような、微妙な心持ちの私である。


# by barnes_and_noble | 2017-09-18 23:08 | モノローグ | Comments(0)

書店員さんと

今日は、書店のおはなし会の日。
いつもなら、おはなし会の後始末が終わるとそそくさと書店をあとにするが、
今日は、書店員さんが新刊の絵本の情報を教えてくれて、
それが楽しい絵本だったので、話がはずんだ。

いつもは忙しい書店員さんとのつかの間の語らいは、
新鮮で、有意義だった。
秋の収穫は食べ物だけじゃないんだね。
早速おはなし会に取り入れようと思う。



# by barnes_and_noble | 2017-09-17 22:03 | モノローグ | Comments(0)

気分は「素敵な秋休み」!

昨日は気持ちのよい天気だった。

11時から美術館のファミリータイムで、よみきかせ。
昨日は小さい子たちが結構来たので、
新聞でも紹介した『どんぐりころころ おやまへかえる だいさくせん』を読んだり、
写真絵本『どんぐりころころ』をおうちの方にも見せたりする。

美術館のレストランで友人とランチ。
ガラス張りのレストランは、本当に眺めがいい。
この間、1700円のランチを食べてしまったことを反省し、980円のランチにする。
すごく忙しい時は、シリアルに牛乳!という共通点で盛り上がる。

ランチの後は、「花森安治の仕事」展へ。
「暮らしの手帖」の表紙だけでも素晴らしいのに、
電車の中づり広告や寄稿した文化人の原稿なども興味深く、見入ってしまった。
お孫さん宛の手紙がとても可愛らしくて、
「愛」をもって生きた人なんだろうなと感じた。
グッズは全部ほしいくらいだったけど、取りあえずちょっぴり購入。

友人から両手に抱えるほどの七色唐辛子をもらい、その実の色に秋を感じる。
私からは演劇のチケット(貰い物だけど)。

その後、大腸CT検査の結果を訊きに行き、「異常なし」と言われる。

11時から3時までの充実した時間。
4時間だけでも、気分は「素敵な秋休み」!





# by barnes_and_noble | 2017-09-15 10:20 | モノローグ | Comments(0)

原田マハ『いちまいの絵』

大腸CT検査では受付から検査まで4時間はある。
その間にこの本を読むことができた。
副題が「生きているうちに見るべき名画」。
実際に観たことがあるのは、フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」だけだが、
原田マハの作品の中で扱われている作品や
映画の題材になった作品もあり、
とても興味深く読めた。

これからの人生で「星月夜」や大壁画「睡蓮」をこの目で見ることがあるのだろうか。
この本を読んで、見てみたいと思った。

それに、この本の中で扱われている作品をモチーフに
また原田マハが作品を書いてくれるといいと強く思った。



# by barnes_and_noble | 2017-09-10 23:09 | | Comments(2)

今日の一大事

今日は、大腸のCT検査を受ける日になっていて、
未経験ゆえ、少し落ち着かない。
朝からおなかがすいて、困ったものだ。
検査が4時半頃に終わったら、何食べようかとか、
受付してからの長い待ち時間に何読もうかとか、
検査の帰りにTSUTAYAに寄って、本を買い取ってもらうのを忘れないようにしようとか、
そんなことばかり考えている。

昨日は、友人に誘われて、演劇鑑賞。『嫁も姑も皆幽霊』という喜劇。
風間トオル、とよた真帆、音無美紀子、モロ師岡など顔をよく存じ上げている俳優さんたちが出ていて、
たくさん笑った。
笑う門には福が来るといいな。

# by barnes_and_noble | 2017-09-08 10:13 | モノローグ | Comments(0)

食器との邂逅

実家の台所の掃除に着手している。
というか、せざるを得なくなっている。
ここは、食品が温存されているため、
虫もいて、恐ろしい館に化している。

・・・が、素晴らしい物との邂逅の場でもある。
曲げわっぱのお弁当箱や、
漆塗りの小皿やお椀、
倉敷ガラス(小谷信三さんの作と思われる)の皿やグラスなどなど。

洗って持ち帰ったら、しまうところがなくて、
家人に呆れられているが、
これらは手放す気にはなれない。
むしろ、これからの人生で使っていきたいものなので、
もう少し見て見ぬふりをしていてほしいと思っている。


# by barnes_and_noble | 2017-09-06 09:30 | モノローグ | Comments(0)

2018年の手帳とカレンダー

共同購入のカタログに来年のカレンダーが載ったのが2週間前。
早すぎでしょ!と思ったが、9月になると、そろそろかと思ってしまう。
毎年この時期になると、
今年やり残していることが多すぎる!あと4カ月頑張らなくちゃ!という気持ちと
来年も手帳が色々な用事で埋まるといいな、という楽しみが交錯する。

ほぼ日手帳とinnovatorのカレンダーは定番として、
手帳は悩むなあ。また、それも楽しいけれど。



# by barnes_and_noble | 2017-09-01 08:56 | モノローグ | Comments(0)

ちょっぴりすっきり

車の12か月点検の日。
点検を待つのが大好き。
おしゃれな店内で、お菓子と紅茶でくつろいで、
宝くじに当たったらその車を買おうかな、と妄想するひととき。

古着と雑貨を売って小銭をゲットし、
古紙を出してポイントをゲットし、
ちょっと気をよくして、ドトールでピクルスサンドと珈琲をテイクアウトし、
郵便局で用事をたしてから、仕事へ。

小さなことだらけなんだけれど、なんだかすっきりして、気持ちよかった。

# by barnes_and_noble | 2017-09-01 00:35 | モノローグ | Comments(0)

なんだ、ここにあったのか!

実家の片付けをしていると、家の片付けがおろそかになる。
私の場合は特に。
・・・で、いざという時に、あれがない、これがない、
ということになって、困るという図。

LIVEに行くのに、双眼鏡がない!
出かける前に、デジカメがない!

ところが、先日、一番手をつけないでいたところを
ちょこっと発掘してみたら、どちらも発見してしまった。
双眼鏡はこれから使う機会はたくさんあるけれど、
デジカメは新しい(家族のお古)のがあるのに。

整理整頓は大事だね、ということで
今読んでいるのは『人生が変わる片付けのルール』(永岡書店)。


# by barnes_and_noble | 2017-08-29 21:40 | モノローグ | Comments(0)

自分中心に過ごしてみた

土曜日・・・朝のうちに仕事の残りを片付け、
      11時半から県立美術館企画スタッフ打合せ。
      1時に友人とランチ。日々のうっぷんを晴らし、
      嵐のライブ申込みの日を決める。
      3時に書店でよみきかせ。かわいいお客さんが増加中。
      5時半にお弁当を持って電話番しに出かける。
      『実感と空き家の片付け方』という本を読み、やる気を出す。
      『わたしがママよ2・3』森本梢子を読む。

日曜日・・・職場の早朝ボーリング大会で、まさかの140点。
      その後、失速し、2ゲーム目は100点。
      久しぶりに小川洋子の「メロディアス・ライブラリー」を聴く。
      今日のほんは『ちびくろさんぼ』。
      義父のお見舞い。
      義母と夫とランチ。
      おやつを食べてから、実家の片付け。
      レイトショーでやっとやっと「忍びの国」を観る。

「よ市」に行けなかったのは心残りだけど、なんかすごく楽しい2日間だった。

# by barnes_and_noble | 2017-08-28 00:48 | Comments(2)

願ったり叶ったり

来月シフトを代わってほしい日があったのだが、
面倒臭がって、代わってほしい相手に連絡をしていなかった。
そしたら、なんと、その相手からシフトの交代のお願いメールが来て、
「いいですよ!」と返信した。

「助かります。」感謝されたが、それでは自分が「とてもいい人」ではないか!
居心地が悪いので、
「ちょうどその日に交代お願いしようと思ってたんですよ。」とメールした。
これで一見落着。
# by barnes_and_noble | 2017-08-24 10:22 | モノローグ | Comments(0)

最近よく添付をし忘れる件

「大人のおしゃれ手帖 特別編集」の『家事の時間割』(宝島社)を読んで以来、
PCメールを朝チェックするようになってきた私だが、
今朝、メールを開いたら、「添付資料を送ってくださいね。」というメールが届いていた。

資料を作る→メールのあいさつ文を書く→添付を忘れて送信する→満足する
という前日の作業は何だったのか!
挨拶文より添付資料の方が大切でしょうよ!

これからは、先に添付してから、
メール本文を書くことにしようか。

ま、気をつけましょうということだ。
この夏の思い出。竹中工務店の本社前の林、セミの大合唱。

# by barnes_and_noble | 2017-08-23 10:41 | Comments(0)

どんより気分から抜け出す

秋の気配が幸いしてか、
昨日の朝まではどんよりしていた気分が、少しずつ晴れてきた。

「ちいさいおうち」展を思い出しながら、
ちいさな家を建てるなら、どうしようかなと思いを巡らしながら、
買っていた豆寒天を食べ、
友人に嵐のライブの相談をしましょうメールを送る。

仕事のあとは、今日は、自分だけの時間を過ごすことにする。
「ちいさいおうち」展に展示されていた「ちいさいおうち」。

# by barnes_and_noble | 2017-08-22 11:29 | モノローグ | Comments(0)

ちょこちょこ夏休み

関西在住の人から「あっついですね~!」とメールが来たが、
もう秋の気配を感じる気温なので、日本って南北に長いのね、と実感した。
確かに今日も甲子園は暑そうだった。
地元の高校の試合、3回戦と今日はテレビで見たのだ。
残念ながら負けたけれど、ベスト8は立派な成績。拍手~!

さて、長い休みなど取れなかったけれど、2017年の私の夏休みをざっと記録しておく。

「ちいさいおうち」展・・・バージニア・リー・バートンの作品や人生についての展覧会。
             仲間とのテキスタイルが素敵で、豊かな生き方をした人だと思った。

「お茶のいろは」・・・原宿の中にぽっかりと日本茶の世界出現。
           お茶についての知識やおいしい淹れ方を学べる。
           最後に京都のお菓子と生茶のおみやげ付き。

「アノニム」(原田マハ著)・・・スリルのある映画を観ているような小説。読み応えあり。

「みかづき」(森絵都著)・・・現代の教育問題に触れつつ、人間の生き方について考えさせられる小説。
               こちらも読みごたえあり。

「素敵な遺産相続」・・・シャーリー・マクレーン主演のしゃれた映画。
            軽いタッチの映画は楽に見られて、いい。ハッピーエンドだったし。

「友人とご飯」・・・高校時代の友人。最近、再会し、ご飯を食べに行く。
          3時間色々しゃべり、笑う。これからも仲良くしていきたい人。

「叔父のお葬式」・・・人生の節目の時に、血縁とか考える。新しいお葬式の形を知る。

「いとこと喫茶店」・・・お葬式で合流したいとこと定禅寺通りの「ギャルソン」で。
            いとこはとても心のきれいな人で、控えめ。
            同い年なのに、正反対の性格。
            でも、彼女との幼い頃の思い出はたくさんある。

「実家の台所の掃除」・・・ひどかった。1日でギブアップした。
手伝ってくれた家族にお手当を出したほど。
             そのままになっているので、これは秋に続く・・・とほほ。

こんなところ。明日からまた通常営業の日々。
あ、懸案事項がまだ残っていた。
色々な人に葉書や手紙を書くという決心をしていたのだった。



# by barnes_and_noble | 2017-08-21 00:33 | モノローグ | Comments(0)

今日こそ見たかった!

昨日は仕事が午後からだったので、
地元の高校の試合が見られるなあと、楽しみにしていたのだった。
ところが、雨で、延期と来たもんだ。

そして、今日が2回戦の日。
でも、今日は朝から勤務。第1試合が見られないではないか!
結局スマホで検索して、勝ったことを知ったのだった。

3回戦は見られるのか、自分。
いや、是非、見て応援したい。


# by barnes_and_noble | 2017-08-17 00:10 | モノローグ | Comments(0)

見たかった!

大会二日目、今日、試合があることだけは知っていた。
さて、何試合目なんだろうとテレビをつけたら、
なんと地元の高校は1試合目で、去年の優勝校に勝った直後だった。
何試合目か確かめなかったのが悪いのだが、
見たかったなあ。

次の試合は絶対見て、リアルタイムで応援するぞ、と決めた。

# by barnes_and_noble | 2017-08-09 11:52 | モノローグ | Comments(0)

原田マハ『アノニム』

私の今年の夏の1冊は『アノニム』原田マハ著(角川書店)。
ジャクソン・ポロックの作品をめぐる物語。
『ジヴェルニーの食卓』や『デトロイト美術館の奇跡』とは全く趣が違う。

美術品のオークション、修復、建築などに関わるスペシャリストたちが
本物の美術品をあるべき場所に戻すプロジェクト。
彼らに見いだされ、後に自分の道に進む一人の難読症の高校生。

スリルの連続で、映画を観ているような感覚。
読むのには時間がかかる厚さだが、「読み応え」あり。
母の病院の待ち時間に読んだが、時間を忘れ、会計で名を呼ばれた時は、
「もっと待っててもいい」と思ったほど。

アノニムのメンバーを確認するのに、何度も最初の紹介ページに戻らなければならなかったのが残念。
できれば、アノニムのメンバーをしおりにしてつけていただければ、と思った。


# by barnes_and_noble | 2017-08-07 10:58 | | Comments(0)

夏休み気分で

夏休みに入った小学生を色々なところで見かける。
小学生って、いいな。
夏休みには楽しいことがいっぱい。
時間がいっぱい。
うらやましい限りだ。

でも、大人だって夏休み気分で、何かしてもいいはず。
または、何もしなくてもいい。

ふと、仕事帰りに、暑さにうだりながら、冷たいコンビニのアイスコーヒーを飲むのと
風通しのいい部屋で熱いコーヒーを飲むのとどっちがいいかなとか考えた。
どっちでもいいや。
それが夏休み気分というものだと納得する。

ちなみに今日は珈琲淹れて、バナナプリンを食べて、
まだ今日は今から8時間もあるぞ、と楽しくなった。
あと8時間もだよ!



# by barnes_and_noble | 2017-07-27 15:56 | モノローグ | Comments(0)

ご褒美

大人になってから「ご褒美」をもらうことって、そうない。
でも、先日、仕事のあとに友人に呼び出され、
両手に抱えるほとの花束を貰った。
花を作っている知り合いに頼んだ「とれたての花」。
たくさんもらったので、家のいたるところに花!
暑さにめけず、10日以上もっている。

嬉しい、嬉しい。
a0025572_07090980.jpg

# by barnes_and_noble | 2017-07-24 07:23 | モノローグ | Comments(0)

夏の風物詩、豪雨に流れる

今日は北上川のゴムボート川下り大会の日だった。
前日からの豪雨で中止になった。
避難準備の勧告が出ている地区もあるようなので、当たり前の措置だと思う。

毎年、この大会に参加すると、「いよいよ夏だ!」と思うのだが、
今年はその前に異常に暑い日が続き、「いよいよ夏だ!」と思う前に息切れしそうだった。

私の今年の夏の風物詩は流れてしまったが、
来年こそは青空のもと、10位入賞を目指して漕ぎたいものだ。
来年、出場する体力と気力がまだありますように。



# by barnes_and_noble | 2017-07-23 15:22 | モノローグ | Comments(0)

『少ないもので贅沢に暮らす』

母の病院の付き添いの待ち時間に読み終えた1冊。
実は何回も読んでいる。
石黒智子著 (PHP文庫)
代官山のTSUTAYAに行った時に、記念に買ったのが2年半前。
写真が多くて、イメージしやすいのと、行間が広くて、読みやすいのが決め手だった。

贅沢でなくても、少ないもので暮らしたいという気持ちでいるので
(この夏こそ実家の片付けにケリをつけ、小さな家をと思っている)、
参考になる考えが沢山詰まっている。
そりゃ、夫が建築家で、100坪の家に住んでいる石黒さんと私では
真似できないわ~、という部分が沢山あるけれど。

# by barnes_and_noble | 2017-07-12 10:31 | | Comments(0)

司会は苦手

県立美術館の企画グループとおはなしグループに所属している。
今日は企画グループ主催の琵琶の演奏会だった。
会議になかなか出席できないこともあり、当日は手伝えることはやろうと決めている。
・・・が!
いつの頃からか、演奏会の司会のお鉢が私に回って来て、
ずっと司会は私の役割になってしまった。
はっきり言って、司会は苦手。
今日も今日とて司会をしたが、いつも終わったあとは、申し訳ない気持ちになり、
後始末などを頑張った。
とても消極的な望みだが、来年は別な役回りになりますように。

# by barnes_and_noble | 2017-07-08 23:24 | 音楽 | Comments(0)

高校野球、地区大会始まる

家族の宅配が届くのを待っている。
テレビをつけたら、開会式が始まるらしい。
・・・と思っていたら、のろしが上がった。

入場行進を見て、学校紹介をききながら、
緊張した面持ちの高校球児に「頑張れ!」と思う。

球場の近くに住んでいるから、実況が聞こえる。
高校球児に知り合いはいないけれど、
しばらくの間、「夏」を耳で感じる季節が始まった。

# by barnes_and_noble | 2017-07-07 10:09 | モノローグ | Comments(0)

思いきれる日

家の中に溢れかえる物に目をつぶり、忙しいふりをしている日々。
今日は、少し涼しいので、ほんの少しだけ物の仕分けをしようと思い立った。
すると、今まで固執していたはずの物の「要る要らない」がさくさくできた。
足の踏み場ができた。
明日も頑張ろう!とは思えないが、
今日は自分の中で「思いきれる日」だったのだと思う。

# by barnes_and_noble | 2017-07-04 12:11 | モノローグ | Comments(0)

『ハリネズミの願い』を読む

ベージュのの地にかわいいハリネズミが1匹という表紙に惹かれて、
読み始めた『ハリネズミの願い』。
空想の世界になかなか入れなかったが、
動物ごとに章が分かれていることが(1章4ページほど)読み進めるのを助けてくれた。
ハリネズミがあれやこれやくよくよ考える中身は、私たち自身の悩みそのものだ。

繰り返しが飽きるほど(少し言葉が悪いけれど)続いたあとに、真打登場!
リスよ、ハリネズミのところに遊びに来てくれて、ありがとう。
そして、素敵な手紙をありがとう。

書誌情報:トーン・テレヘン  長山さき 訳  (新潮社) 2016年

# by barnes_and_noble | 2017-07-03 07:25 | | Comments(0)

着るものがない!

体形の変化で、日常着るものに事欠いている。
仕事はスポーツウェアでいいので、どうにかなるが、
読書会とかランチするとか研修会に出るとか、そういう時に着られる服がない。

ぴちぴちもぶかぶかもこの歳になってはみっともない。
今週こそは、服をいくつか見繕い、
ワンピース用の生地も見つけて、縫ってもらう算段をしなければ。

・・・とやっと思えた休みの日の午後。


# by barnes_and_noble | 2017-07-02 16:52 | モノローグ | Comments(0)

正しいおはなし会の迎え方ではない

あと9時間半後におはなし会が始まるが、
この真夜中に、おはなし会で使う紙を、ああでもない、こうでもないと
試しているというのは、いくらなんでも余裕がなさすぎる。

明日は、おはなし会のあとは仕事、そのあとは、2人の小さい女の子を預かることになっている。
こんなにきちきちのスケジュールで、大丈夫なのか、自分。

せめて、次のおはなし会の前にはぐっすり睡眠をとって、ゆとりを持って過ごしたいと独り言つ。

# by barnes_and_noble | 2017-07-01 00:44 | | Comments(0)

私だけのワンピース

西巻茅子の絵本ではなく、
本当の私のワンピース。
体形が変わったために、今まで着ていた服が軒並みサイズが合わなくなっていたところ、
角野栄子のエッセイ『角野栄子の毎日いろいろ』の中で、
角野さんのたくさんのワンピースの写真を見て、
ワンピースを作ろうと思い立った。

この際、体にぴったりなワンピースを誰かに縫ってもらおうとあれこれ調べた挙句、
工業用のミシンを持っている友人が思い当たった。
今まで彼女のアトリエには何度も遊びに行っていたが、
服を注文するという考えがなかったのだ。
打診すると、OKとのことで、
型紙を起こして、1枚お試しで縫ってもらった。

着てみたら、襟ぐりだけ広すぎたので、
次回はそこを直してもらって、
縫ってほしい生地を持って行くことになった。
私だけのワンピース。出来上がりが楽しみ。


# by barnes_and_noble | 2017-06-14 10:05 | 手作り・雑貨 | Comments(0)

「人生フルーツ」を観に行く

地元の映画館で「人生フルーツ」が1週間限定で上映されるのを
手ぐすね引いて待っていた。

とっても天気のいい日で、昼間に映画館に入るのは勿体ない気もしたが、
1日に昼と夜の2回しか上映されないのだから、背に腹は代えられない。

つばた夫妻の暮らしぶりや子孫に「よい土」を残したいという思いが
心地よいピアノのメロディーと樹木希林のナレーションでつたわってきた。
時間を作って、観に行ってよかった。

# by barnes_and_noble | 2017-06-12 09:46 | 映画・ドラマ | Comments(1)