おもちゃの缶詰届く、しかし・・・

実家の片付けは、つらい。
でも、時々、面白いものを発掘する。
先日は、森永チョコボールの銀のエンゼル10枚。
何十年も前に弟が集めていたものだと思う。
私は、1回もお目にかかったことがないのに、なぜ、弟には10枚も・・・。

ま、それは置いといて、いつのものでも「おもちゃの缶詰」は交換可能ということで申込み、
昨日、わが家に「おもちゃの缶詰」が届いた。

黒い缶をカギで開けると、知恵の輪やらパズルやら、スーパーボールが入っていて、
1歳の孫がさっそくカギで缶を開けたり、閉めたりして遊んでいた。
静かに遊んでいるので、家事をしていたら、やられました、鍵の閉じ込み!

かくして、おもちゃの缶詰の中身を確認したのは、私と1歳の孫だけ。
家族は、もう1個のおもちゃの缶詰開けて、そのカギで、開ければいいじゃん!と言ったけれど、
(おもちゃの缶詰は10枚だと2個届く。)
そのためだけに、もう1個開けるのもしゃくだ。
しばらくは、缶だけ眺めて暮らそうと思う。

by barnes_and_noble | 2016-11-27 15:20 | モノローグ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< この歳にして、初体験が多すぎる 灯台もと暗し >>