「よりみちパンセ!」は、いいかもよ♪

前にも養老孟司の「バカな大人にならない脳」を読んだが、
同じシリーズ(よりみちパンセ!)の重松清の「みんなのなやみ」もイケてる。
何せ思春期の子達のストレートな悩みに、易しい言葉で相談にのってる。
「優しい」じゃなくて、「易しい」から、読んでいて、思わず納得してしまうのだ。
理論社のこのシリーズ、子供向けというより、大人に売り込んだほうがいいと思われる。
a0025572_2353265.jpg
そして、テリー伊藤の「負の力」(サンマーク出版)も
なかなか面白い観点で、書かれている。
「ヒステリー」「根暗」「無気力」「深刻」
「ダサイ」「計算高い」「鈍感」「マイナス思考」など
ポジティブとは対極にあるものを
味方につけちゃおうというもの。

思わずこの2冊で、「哲学」しちゃった。
by barnes_and_noble | 2007-03-06 23:13 | | Comments(10)
Commented by yorikoguma at 2007-03-07 18:19
「よりみちパンセ!」は私も気になっています。
図書館にずらりとあったので借りたいのですが、今、なんと
諸処の事情で、貸出を受けられないのです!!がーん!!
(カードの更新時期で。システム上の理由ですって。)
「みんなのなやみ」読みたい読みたい!
Commented by mirionn at 2007-03-07 19:13
私は「負の力」を読んでみたいな~
すぐ落ち込むから読んだら役にたつかもしれないわ(^_^)
Commented by barnes_and_noble at 2007-03-07 19:58
>kogumaさん、年度末や年度初めって、公共の施設を使えないことが多くて、不便を感じることが多々あります。一番は図書館。
「よりみちパン!セ」のラインナップが多彩で、「寄り道はハッピーに生きるための近道」というキャッチフレーズも納得です。早く借りられるようになるといいですね。
Commented by barnes_and_noble at 2007-03-07 20:04
>mirionnさん、どんな欠点にもいいところがあるって、分かる本です。「落ち込む」はなかったけど、「深刻」のところには、「深刻になる人は誠実な人だ。いいかげんな人間は決して深刻にならない。人間にとって、深刻になる状況に出合えたということは素晴らしいことだ。・・・以下続く・・・」とありました。mirionnさんは誠実ゆえに、落ち込むってことですよ。「負の力」は我々の味方です。
Commented at 2007-03-08 22:03
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jsby at 2007-03-08 22:13
テリー伊藤さんが「負の力」なる書籍を出版されているなんて、知りませんでした。この書籍に関するmirionnさんへのレスで『深刻になる人は誠実な人だ。いいかげんな人間は決して深刻にならない』とご紹介されていましたが、全くそのとおりと思い「うんうん」と納得してしまいました。

私の方は「下流志向」と「教室の悪魔」という本を読んでいます。世の中、随分と変わって来て、理解しがたい異質な考え方をする人も増えてきています。そういう意味では「負の力」も、なかなかおもしろそうな本ですね。
Commented by my-shop at 2007-03-09 17:35
面白そうな2冊ですね!私も読みたくなりました。
あ、注文した例の本が届いてるはずだから明日には取りに行かなくっちゃ♪ムフムフ。
(↑教えて頂いたターシャの本でーす。)
Commented by barnes_and_noble at 2007-03-09 23:45
>鍵さん、早いものですね。もうそんなになりましたか。そう、春のできごとでしたね。お疲れさまでした。
Commented by barnes_and_noble at 2007-03-09 23:52
>jsbyさん、テリーさん、先見の明があります。「鈍感」のところに、「人生最強の武器かもしれない・・・」と書いています。
「負の力」は物事を人の見ない角度から見て書いてあります。テリーさんと同じ角度から物事を見ると、納得の連続です。
Commented by barnes_and_noble at 2007-03-09 23:56
>my-shopさん、ターシャの特別編といよいよご対面ですね。写真を見て、びっくりしてください(笑)。動物の縫いぐるみ、職人芸ですから。最近、「ターシャの庭」を眺めては、癒されています。
生きてると、次から次へ、いろんな問題が勃発するものですね(しみじみ〜)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 女の子の正体は? ♪今日は嬉しい雛祭り♪かな? >>