実感!日焼けでヒリヒリ 夏の始まり。

もう腿と腕が真っ赤っ赤。
特に腿はひりひりして、Gパンをはくと、悲惨。

確かに暑くて、あせダラダラっていう日もあったし、
カレンダーも7月に入って、
夏近しと漠然とは思っていたが、
今日という日は、私の「夏の実感」記念日。

今日は、川くだりゴムボート大会。
うす曇で、風もさわやか、グッド・コンディション。
がんばるぞ!

と出発したのもつかの間、
パドル捌きもままならず、
川底の石で、ボートのそこには、かぎざきができ、
そうこうしているうちに、太陽が顔を出し、
ゴールした時には、私の腿は真っ赤っ赤。

タイムを計ろうとして、はめていたドラッチの痕だけが
白くて、はずしてても時計をはめてるみたいで、
ちょっと笑える。

帰りに温泉に寄ったけど、
湯船につかるどころの騒ぎではない。


2004年 夏の陣は ひりひりと共に、確かに始まった。
私が生ける証人である。
by barnes_and_noble | 2004-07-04 20:24 | モノローグ | Comments(2)
Commented by paper at 2004-07-05 19:58 x
ゴムボートによる川くだりって、相棒とのコンビネーションが鍵ですよね。それって人生に通じるところもあるかも。
Commented by barnes_and_noble at 2004-07-05 21:17
>paperさん、その通りなんです。
去年は、気の合う同僚と1,2,1,2、とリズミカルに漕ぎ、
気持ちよくゴール!今年は、息の合わない同居人と組み、
1km下ったところで、ボートから降りたくなりました。
でも、降りたところで、川の中。漕ぎまくって、ゴール
するしか道はないと悟りました。人生そのものでした。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< タンタン風にいうと、「消えたス... 青いバラが咲いたって?! >>