「一生のおねがい」って、もう使った?

友人が見知らぬ人から、バスの中で
「一生のお願いだから、席を譲ってください。」と
言われ、他の席も空いていたので、移動して
席を譲ってあげたそうだ。

きっと、並々ならぬ事情があったのだろう。
それにしても、「一生のお願い」という言葉を久々に聞いたような・・・。

私など、小学生の時に、「一生のお願い」を使ってしまったからなあ。
明日は始業式という夏休み最後の日、
学校に持っていく物を準備していた私は
大事なものがないのに気がついた。
そう、通知表!

蒼くなって探したが、見つからず、図らずも、心の中で、
「神様、一生のお願いです。通知表を見つけてください。」
と思ってしまったのである。
神様はとても親切で、母親経由で、私に通知表を届けてくれた。

とても感謝はしたものの、
冷静になって考えてみれば、「惜しいことをした」の一語に尽きる。
もう、この先、どんな苦境が私を待ちうけようとも、
「一生のお願い」は使えないのである。
例え、命にかかわることでもね。

なんて感慨にふけっていたら、
「一生のお願いって、1回しか使えないの?知らなかった!」
と別の友人が言い出すわ、
「一生のお願いなんて、つかったことないわ。」
と豪語するものもいるわで、
純情な私の脳みそは、混乱するばかり。

一生のお願いが何回も使えるんだったら、
人生変わっていたかも。
でも、あれからずっと、
使わなくてもなんとかここまでやってきたんだから、
この先も使わずに生きていけそうな気もする。
by barnes_and_noble | 2004-07-13 20:39 | モノローグ | Comments(2)
Commented by paper at 2004-07-14 23:11 x
 バスの席で「一生のお願い」を普通使いますかねえ。聞き間違いではないのかなあ?それとも、その方は、どなたにでも、いつでも、一生のお願いを使っているからかも・・・
 私は、一生のお願いは使ったことないです。でも、何度もつかえると思っていますよ。
Commented by barnes_and_noble at 2004-07-15 21:50
そうかあ。
一生のお願いは、最後の最後にとっておいて、
励みにすればいいのかも・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ゴムボートの修理代16,000... どれから読もうかな、今晩は・・・ >>