お前、どんな悪いことしたんだい?

今朝、毎朝通る、見慣れた家の前で、
見慣れないものを目撃した。

庭先に繋がれた犬、じゃなくて、猫。
車で通りかかったのに、違和感ありあり。
すごく不自然で、
見てはいけないものをみてしまったような、
妙に脳裏に残る光景であった。

通り過ぎてからも、気になる。
よほどかわいがられていて、ご主人様が離したくないのかな。
いや、それなら、家の中で飼うはず。

犬の鳴き声がうまいからって、番犬の代わり?
猫面犬?
そりゃ、ないか。

どうしようもない不良だから、つながれた?
お前、どんな悪いことしたんだい?!
できれば、肩をゆすぶって、追究したい。

そんな胸騒ぎの夏の朝であった。
by barnes_and_noble | 2004-07-16 20:58 | モノローグ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 大雨で思い出すのは大曲の花火大会 恐ろしや 沈みゆく家の解体! >>