大雨で思い出すのは大曲の花火大会

連休1日目は、朝5時に雨音で目覚める。
かなりの大雨。
そういえば、去年、念願の大曲の花火を見に行った時も
こんなすごい大雨だった。

雨が上がる気配など微塵もないのに、
花火大会が中止にならないか、気にしているのは私だけ。
全国規模の花火の競技大会なので、
雨天決行という性質のものらしい。

上がった花火は、雨で消えないのか、
時間通りに始まるのか、
私の心配は尽きないのだが、
誰も心配している様子はない。

それどころか、みんなはしゃいでいる。
傘をさすと、上空の花火が見えないから、
カッパをきたり、ビニールの敷物をかぶったり、
老若男女、雨と花火を楽しんでいる。

私も山用の上下のカッパを着たが、
どこからともなく、雨が滲みてくる。
そこに差し出されたのが、でっかいビニール袋。
その袋に脚から入って、座って花火を楽しめということらしい。

かっこはどうあれ、大曲の花火は、すばらしく、
エンディングでは、川の向こう岸の花火師さんたちからの
光のメッセージに、観客はずぶぬれで、応えるのであった。

大雨の大曲の花火(特に去年の)を経験したあとは、
多少の雨にぬれても、なんとも思わないのであった。
恐るべし、大曲の花火!
雨にも負けない花火!

今日の大雨は、「花火師根性」「花火師魂」in大曲を
思い出させてくれたのである。
by barnes_and_noble | 2004-07-17 21:53 | 旅行 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 「ハリー・ポッター」上映6:4... お前、どんな悪いことしたんだい? >>