「ワイン風呂」は「ぶどうの湯」だった・・・の巻

バスに乗って、ぶどう園がたくさんある町へ。
目的は、陶芸体験。
先生に習って、コーヒーカップの制作。
隣の人には、及ばないが、なかなかいい調子。

模様もつけたいと、ミッキー・フェイス形に粘土をくりぬこうとしたが、
うまくできず、プーさんのように下膨れになり、断念。
じゃ、ポラリスでも、と挑戦したが、これまた失敗。
結局、ハート形に落着。
1個じゃ淋しいから、3個もつけてしまった。

できあがりは、3週間後。
とっても楽しみ。

・・・で、その後、時間があったので、「ワイン風呂」に入りにいくことにした。
「ワイン風呂」・・・まるで、浴槽に、ワインがながしこんであり、
ぶどうの芳香が満ち満ちているかのような響き。
すてき!
でも、入り口に「ぶどうの湯」との張り紙が・・・。
フロントで「ワインが入っているお風呂ですか?」と訊くと、
「いいえ、ぶどう畑が眺められるお風呂になっております。」とのこと。

イメージとっても違うんだけどなあ。
ま、昼間にぶどう畑を見ながら、汗を流すこともそうはあるまい。
夏の光が明るくさしこむ「ぶどうの湯」は、貸切状態で、
窓から眺める景色は、どこまでもぶどうの葉の緑なのだった。

コーヒーカップが完成したら、コーヒーを飲むたびに
「ワイン風呂not =ぶどうの湯」という公式(?)がよみがえることだろう。
by barnes_and_noble | 2004-07-24 21:27 | 旅行 | Comments(2)
Commented by paper at 2004-07-27 17:42 x
ぶどうの湯なら、ぶどうの房や粒が入っていないと、日本広告機構に訴えたくなる感じですねえ。あ、きっと、お風呂の壁に、ぶどうの絵が描いてあったのかも。
Commented by barnes_and_noble at 2004-07-27 21:56
はずれ。景色以外にはぶどう関係のものは
何もなかったのでした。
ま、ぶどうの里で汗を流すことができて、気持ちよかったので、
許します。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 狙われたゴムボート、犯人は? 夏休みはカルキのにおいと共に・・・ >>