「ウォルター少年と夏の休日」はじめの10分は?

約束した相手が時間になっても来ないので、
1人で観に行くことにして、出かけたら、
途中で「映画館の前で待ってて、今、向かってるから。」との連絡が入る。

上映開始時間が過ぎても、来ない。
「まあ、予告編もやってるだろうし、もうちょっと、待つか。」
10分過ぎても来ない。
「もう、始まっちゃうよ。早く来て~。」

10分後、横断歩道を走ってわたってくる姿が見えた。
「おそいんだよ、もう!」
でも、珍しく相手が平謝りするので、許すことにし、中へ。

すると、ウォルター少年が、2人の老人の家に預けられたシーン。
どういう経緯で、彼はここへ?
この2人の老人とは、どんな関係?
わからん。
しかも、誰にも訊けない。

わからないままに、ストーリーは進み、何となく疑問は解けてくるのだが、
それが正解なのかどうかがわからない。
足し算を習ってないのに、掛け算をなんとなく解いて、
合ってるかどうかわからない状態と同じ。

とっても、すてきな映画で、しゃれてて、夢もあって、
だからこそ最初から観たかったよ~。

見終わった後、隣の席で、
「このDVDほしい。」と話しかけてきた奴(敢えてそう呼ばせてもらう)がいたが、
その気持ちを忘れることなく、購入したら、1番に見せてもらいたいものである、
最初の10分でいいから・・・。
by barnes_and_noble | 2004-07-30 21:33 | 映画・ドラマ | Comments(2)
Commented by R_76 at 2004-07-31 14:00
冒頭の10分って見逃すとチンプンカンプンになったりしちゃうなぁ。
DVDが出たら、想像があっていたのか否かもわかりますね^^
Commented by barnes_and_noble at 2004-07-31 20:36
じゃあ、我慢して、調べないことにしますね。
DVDが出てからのお楽しみ。
でも、誰かがそのことについてらしきことを
話してるのが聞こえたら、誘惑に負けて
耳がダンボになってしまいそう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< おみくじ付ボールペンについての一考察 暑~い!・・・で、かき氷を食べ... >>