カテゴリ:旅行( 124 )

あんれまあ!な出来事

昨日、用事で埼玉に行った。
集合時間が早かったので、いつもは乗らない「はやぶさ」で。
盛岡から乗って、大宮で降りようとデッキまで移動したその時、
「ちょっと」と話しかける御仁が!
私になんか用かしら?と振り返ると、そこには、仙台で乗った弟夫婦が!

出かけるなんて何にも知らないのに、
乗った駅だって違うのに、
号車だって、たくさんあるはずなのに、
降りる側のデッキはなんとなく選んだのに、
あんれまあ!

ひとしきり盛り上がった後、
「じゃあ、再来週、よろしく。」と別れた。
そう、再来週こそは、きちんと、わが家と弟夫婦で母を温泉に連れていく
(費用は母持ちなのだが)手はずが整っているのだ。
で、温泉でも、この、あんれまあ!な出来事で楽しめるってわけだ。

by barnes_and_noble | 2017-06-11 22:43 | 旅行 | Comments(0)

2度びっくり!

今月はじめに京都と倉敷に出かけた。
東北の地から関西ひいては中国地方へという長道中。
1日がかりかと思いきや、京都までは5時間、京都から倉敷までも1時間ちょっとで着く、
あまりの「近さ」にびっくり。

そして、帰りの新幹線。
アナウンスで「各駅の到着時刻をお知らせします。」の後で
盛岡、新青森、新函館・・・。
うっかり寝過ごしたら、北海道までそのまま行っちゃうんだ、この列車。
北海道新幹線開業を実感して、びっくり。

移動には時間がかからなくて、思ったより疲れなかったけど、
読もうと思っていた本は、中途半端になってしまった。
ちょっと嬉しく、ちょっと残念。
by barnes_and_noble | 2016-06-15 09:37 | 旅行 | Comments(0)

苔のテーブル

先週、森林公園に出かけたら、こんなのがあって、
触るとふかふかで、自然の醸し出すマイナス・イオンに癒された。
なんだか、小動物たちが木の実を食べてそうなテーブル。


by barnes_and_noble | 2015-09-29 00:07 | 旅行 | Comments(2)

仏像がごちゃ混ぜ

日曜日に会議に出るために上京。
会議の前に、東京国立博物館での「日本国宝展」を観ようと並ぶ。
開場から45分しか観られないのに、券売機の前で並び、
今度は博物館に入るために並ぶ。
正味30分しかない。
でも、たとえ30分でも自分の目で観たい国宝はある。

・・・で、螺鈿細工の箱やちょっと快慶作のお茶目なポーズの仏像や
狩野永徳の描いた襖絵を観ることができた。
でも、私、もう一つ是非とも観たい仏像があった。見逃した?

後ろ髪を引かれながらも、会議へ。
時々、見逃した仏像のことが頭に浮かぶ。
そしたら、閃いた。
もう一つ観たかった仏像(顔が割れて、もう一つ顔が出てくるやつ)って、
京都国立博物館にあるんじゃあ?
同じ頃に、東京国立博物館と京都国立博物館のテレビ番組を見たので、
完全に仏像の記憶がごちゃ混ぜになってたわ。

ということで、観たい国宝の幾つかを観ることができて、嬉しかったと同時に
すごく観たかった仏像がそこにはないという悲しい出来事を体験したのだった。




by barnes_and_noble | 2014-11-13 00:15 | 旅行 | Comments(0)

憧れの江ノ島、そして、生しらす

a0025572_20584867.jpg
a0025572_20461673.jpg
数々のドラマの舞台になっている江ノ島。
なんとなく、小洒落た江ノ島。

東京に行ったついでに江ノ島に行くなどとは、
1週間前には思いもよらなかったのに、
江ノ島は鎌倉から目と鼻の先。

生まれて始めての江ノ電。
なんとコンパクトな電車なのか。
窓から手を伸ばせば、線路沿いの家の窓を開けられそう。
・・・と思っているうちに、海が見えてきて、サーフィンしてる人もいる。

江ノ島着。
友人は生しらすを旦那様の誕生日プレゼントに宅配で送りたかったので、
送ってくれる店を探したが、生なので、何軒も断られる。
銀座のホテルの朝食がディナー並みで、生しらす丼は食べられる気がしない。
・・・と、目に入ったのは、魚屋さん。奥で定食とか食べられる所。
「生しらすだけ食べられますか?」と交渉すると、OK!

かくして、おばさん2人で、生しらすを味わい、量もほどほどで、大満足!








by barnes_and_noble | 2014-07-06 20:59 | 旅行 | Comments(7)

ワクワクの旅

嵐のワクワク学校に入学してきた。3回目だから、3年生。
夜の回だったので、昼は、シルク・ドゥ・ソレイユのovoを堪能。
楽しくて、繰り出される技も素晴らしくて、口が開いたまんま。

さて、次の日は、朝のワイドショーをチェックして、
ワクワク学校の復習をした後、のんびり朝食。
この年になって、こんなにゆったり朝食をとったのは、初めて。
そして、ついに憧れの江ノ島と鎌倉へ。

1泊2日のワクワク旅行、行動を共にしてくれた友人に感謝。
銭洗弁天のご利益があることを楽しみに、生きていこう!

by barnes_and_noble | 2014-07-02 01:00 | 旅行 | Comments(4)

BARNES、札幌で少しだけお土産を買う、の巻

嵐グッズの他に、お土産で買ったものは、少しだけ。
a0025572_21412312.jpg

「限定」という言葉に弱いので、まずは、札幌スープカレーの素。
これは一緒に行った友人が教えてくれた。
それから、北海道でしか売っていない、いろはすのハスカップ味。
らっきょのチキンスープカレーは、内容充実で、すごく美味しかった。
クラーク博士のbook型の缶入りバター飴(缶の中に小さな本入り)。
北海道大学内では、「雪の天使たち」という梅酒とブルーベリー酒。
雪の結晶が散りばめられたガラスの容器に入っていて、斜めにも立つ。
そして、北海道大学認定の「北大のハルニレで作ったお箸と
ハルニレで作ったボタンのついた箸入れ。
最後に申し訳程度に札幌農学校のミルククッキー。

いやあ、改めて食べ物ばっかり。
でも、わずかにバター飴の缶と「雪の天使」のガラスが
今回の「LOVE」LIVEの弾丸ツアーのことを思い出させてくれることだろう。

話は変わり、昨日のMUSIC STATIONの嵐のLIVE、とっても楽しかった。
まさか「FANKY」を歌ってくれるとは!おばちゃんの私も踊っちゃったわ。
そして、大好きな「曇りのち、快晴」も歌ってくれて、
ここには語り尽くせない見所に感動!
by barnes_and_noble | 2013-11-30 22:12 | 旅行 | Comments(0)

ギャンブラーにはなれない

同僚に誘われて、競馬場に行ってみた。
クラブハウスとやらに入るのは、初めて。
a0025572_23523079.jpg
a0025572_23521233.jpg
a0025572_23515630.jpg
a0025572_23502465.jpg
a0025572_2349524.jpg

クラブハウスからは馬場は勿論、紅葉も眺められて、いい秋の日を過ごした。

競馬新聞の見方や賭け方をを教えてもらい、馬券を買ってみた。
でも、外れるのが怖くて、結局、100円ずつ6レース賭けて、260円損した。
私はギャンブラーにはなれそうもない。損した260円が気になるから。

同僚たちは思い切った馬券の買い方をしていた(私から見ると、だけど)。ギャンブラーだな。
by barnes_and_noble | 2013-11-11 00:10 | 旅行 | Comments(2)

花火の後の夜行観覧車

花火が上がるなんて知らないままに、横浜美術館まで出かけていた。
地元の花火大会に1回も行かない夏だったなあと思いながら、花火を眺めていた。
30分程の花火の後には、夜行観覧車の花が音もなく咲いていた。
a0025572_2381766.jpg
a0025572_238453.jpg
a0025572_2373532.jpg
a0025572_2371623.jpg
a0025572_237292.jpg
a0025572_2364569.jpg
a0025572_2363097.jpg
a0025572_2355988.jpg
a0025572_2352879.jpg
a0025572_235264.jpg

もうすぐ秋。
by barnes_and_noble | 2013-09-09 23:11 | 旅行 | Comments(6)

「貴婦人と一角獣」に圧倒される

その日は、「ダ・ヴィンチ展」を訪れるのが一番の目的で、
もし行ける体力と気力が残っていれば、「貴婦人と一角獣展」に、と思っていた。
が、友人が国立新美術館のある六本木に興味を示してくれたため、
先にこちらへ。

NHKの「日曜美術館」で、特集を見ていたこともあって、
すぐに作品の世界に引き込まれた。
「貴婦人と一角獣」がモチーフの6枚のそれはそれは大きなタペストリー。
周りには色々な動物や植物や樹木がたくさん散りばめられている。
千花模様というらしい。
こんなに細かい模様のタペストリーを、何人の人達がどれ位の歳月をかけて
織り上げたのか、それを思うだけで、圧倒される。
人間の持つ五感プラス謎の1枚。

この展覧会では、拡大した映像で6枚の様々なシーンを比較するという試みもなされていて、
興味深かったし、より一層作品を楽しめた。

美術展ではいつもポストカードは1枚だけを選んで購入するのだが、
今回は6枚セットに手を伸ばした。その精巧さに1枚を選べなかったのだ。
この作品展はグッズが工夫されていて、とても面白かった。

私が作品とグッズに感心している間に、友人は、鑑賞している人の中に
子連れの女優さんを見つけ、その女優さんがちゃんと子供用の水筒を持っていたことにも
いたく感心していたのだった。実に観察眼の鋭い友人であった。
a0025572_23484572.jpg

by barnes_and_noble | 2013-06-29 23:49 | 旅行 | Comments(2)