<   2016年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

半径15m内で

昨日、読書会を終え、仕事に行く途中に立ち寄ったスーパーに入った途端に
サービスカウンターでアルバイトしている親戚と目が合った。
試練を乗り越え、いつも前向きで元気な彼女が素敵だと思っていたので、
元気をもらった。

で、昼ご飯を買って、レジに並んだら、前の人が「おう!」と声をかけてきたので、
見れば、以前の職場の上司だった。
引くてあまただったのに、定年できっぱり仕事をやめ、
我が道を行く彼は、実に潔く、
毎年、もう職場もバラバラな元部下のために「ブドウ畑」を借りてくれている。
「じゃ、また、ブドウ畑でな。」
ええ、行きますとも。

素敵な人二人に会えて、心ははずんでいたのだが、
スーパー前のエコボックスに古紙を入れたら、測定結果「マイナス1kg」で、
頭の中が?マークでいっぱいになった。

以上、半径15m内で起こった10分足らずの出来事。
by barnes_and_noble | 2016-07-28 10:59 | モノローグ | Comments(0)

違いがわかるかな?

一昨日、わが家にKIRIN一番搾りのキャンペーンAセットが届いた。
青森づくり、岩手づくり、秋田づくり、千葉づくり、東京づくり、
新潟づくり、信州づくり、岐阜づくり、静岡づくりの一番搾りが
全部で12本入っている。

飲んで違いがわかるかしら?
確かに普通の(?)一番搾りは岩手づくりとは違う味わいだったけど。

わかってもわからなくても、嬉しい贈り物!

付け足し
    今日、家族が夏祭りにおやじバンドで出演していたんだけど、
    ノリノリのおじいちゃんが音楽に合わせて踊ってて、とっても楽しそうだった。
    見ていて、私も楽しくなった。   以上、付け足しおしまい。
    
by barnes_and_noble | 2016-07-23 22:36 | モノローグ | Comments(0)

暮らしの手帖

母が買っていたので、高校生あたりからよく開いていた。
地味な雑誌だと思ったが、読むところがいっぱいあった。
「すてきなあなたに」のコーナーがとても好きだった。

「とと姉ちゃん」でまたスポットが当てられていて、
「ささやかな心がけ」が楽しく、暮らしをよりよくしていくというスタンスが
今の私にとても心地よい。

最近のも読んでみたいし、何よりも創刊号の表紙が素敵なので、
それだけでも部屋に飾りたいなあ、などと思っている。
by barnes_and_noble | 2016-07-22 08:29 | モノローグ | Comments(0)

BARNES,『ワンダー』に涙する の巻

『ワンダー』(R.J.パラシオ ほるぷ出版)を読んだ。
作品に引き込まれて、一気に読んだ。
「オーガスト・ブルマンは ふつうの男の子。ただし。顔以外はー。」という言葉。
そして、表紙のデザインに興味を持って、読んでみた。

この物語に出てくる主要人物はみんな葛藤している。
葛藤していることに後ろめたさを感じている。
でも、それぞれに人を思いやることを忘れていない。
なんと温かい物語なのだろう。

みんなに「読んでみて」と言いたいけれど、いい方法を考えた。
11月の児童文学研究会の例会で取り上げることにすれば、
メンバーは否応なしに読むことになる。
今から例会が楽しみな私である。
by barnes_and_noble | 2016-07-18 23:58 | | Comments(0)

せっせ、せっせと

溜めこむ暮らしはよくないと思ってはいるけれど、
何から整理していこうかなと考えて、
昨日からPCのメールの整理を始めた。
昨日は2014年の5月分、そして、今日は6月分、
メールボックスの使用率が60%から59%に1%だけ減った。
ひと月ずつなら、なんとか続けられそうだ。

そして、さっきは市役所主催のフリーマーケットに申し込んだ。
準備と後始末の煩わしさに10年くらいやってなかったけど、
実家のもろもろの物を消化するには、フリーマーケットがいいのではと思って。
抽選結果待ち。

・・・で、夏休みを前に立ちはだかるのは、わが家だけではなく、
実家の掃除ですよ。
計画を立てて、取り組まなくちゃ。
楽しい計画ならやる気がでるんだけど、いまいち、やる気が・・・。
いや、そんなことは言ってられない。やるしかない!
by barnes_and_noble | 2016-07-13 11:49 | モノローグ | Comments(0)

barnes,「アンパンマンたいそう」の歌詞に勇気づけられる

ここ数日、朝に「アンパンマン」の番組を見ることがあり、
番組の最後に「アンパンマンたいそう」があるのだけれど、
困ったことに、その歌詞にぐっと来る。

??もし自信をなくして くじけそうになったら
 いいことだけ いいことだけ 思い出せ??

やなせたかしさん、こんなに心温まる詩を書いてくれて、ありがとう。
今の私をこれほど勇気づけてくれる詩は、ない。

呪文のように小声で歌って(聞いた人はちょっと怖いかも)
もう少し頑張ってみよう。
by barnes_and_noble | 2016-07-10 23:24 | 音楽 | Comments(0)

倒れるときは前のめり

大好きな作家、有川浩さんのエッセイ集(角川書店)。
エッセイだったので、ほんわかした内容のものかと思いきや、
主張したいことは、主張させていただく、という感じだったが、
それが小気味よい。

過去に書いたエッセイについての現在の気持ちも書かれていて、それも面白い。
作品と違って、エッセイはその時その時の時事問題や気持ちが描かれていて、
完成形ではないんだから、それでいいのだ。
はっきりものが言える人って、いいなあ。

表紙は郷土愛溢れる土佐文旦の明るい色彩で、
どん底にいる私は書名にも表紙にも、背中を後押しされた。
by barnes_and_noble | 2016-07-03 08:44 | | Comments(0)