<   2017年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

お宝発見!雪印ギフト券!

ケアホームに椅子を持って行くべく、
実家の片付けをする、誕生日。

誕生日のプレゼントなのか、抽斗の中から「雪印ギフト券」を発見。
期限は書いていなかったものの、このギフト券は使えるのか否か。

メグミルクにメールで問い合わせたところ、
現在使えないギフト券はメグミルクに送ると、当時の価格に換算して、
クオカードと端数は切手にして、送り返してくれるとのこと。
ありがたや~。

しかし、母よ、このギフト券をもらった時に、なぜリーベンデールやヴィンテージアイスに替えて、
私たちにごちそうしてくれなかったのか。
まあ、仕方ない。
届いたクオカードでアイスを買って、みんなで食べようではないか!

by barnes_and_noble | 2017-01-29 22:49 | モノローグ | Comments(0)

暮らしよい部屋にしてあげよう

母が今週、老人ホームに入居した。
2年前には考えられなかったこと。

老人ホームはわが家から車で2分程。
職員の挨拶が気持ちよいところ。

入居させてから、決心したことは、
・近いからといって安心せず、1日1回家族の顔を見せること。
・今はベッドと箪笥と物入れしかないけれど、
 今まで母が大切にしてきた物や価値を認めていた物を少しずつ運び入れ、
 母が暮らしやすい部屋にしてあげること。

それにしても、母は父の遺族年金でここで十分暮らせるが、
私は自分の年金では、とうていここでは暮らせない。
悲しい現実。


by barnes_and_noble | 2017-01-27 11:11 | モノローグ | Comments(0)

手続き、手続き、手続き・・・

おととし、父が亡くなってからというもの、
なんでも後回しにする性格の私も、さまざまな手続きに追われ、
父の手続きがひと段落つく間もなく
物忘れが重症化してきた母のさまざまな手続きに追われ、
書類を書くたびに、
実家の住所と自分の住所やら、親の名前と自分の名前やら電話番号やらを書き間違え、
悲しくなる日々。

来週は、母の退院と老人ホームへの入居、家族の保険の手続きがある。
誰か、とっても心の清らかな人で、ボランティアで代わりにやってくれる人、いないかなあ。
いないよなあ。

さて、今期、ドラマは「A LIFE」と「カルテット」を見ようと思っている。

by barnes_and_noble | 2017-01-20 10:52 | モノローグ | Comments(0)

整然と・・・

通勤途中、バス停そばで信号待ち。
ふとバス停を見ると、バスを待っている人たちが等間隔でずらっと並んでいる。
道路が凍っているので、バスを利用する人が増えたのだろう。
1、2、3・・・と数えていくと、全部で21人。
整然と並んでいて、見とれるほど。

ふと、遠い昔の小学校での算数の問題を思い出した。
池の周りに木が等間隔に並んでいる時の池の周囲の長さを解くやつ。

信号が変わって、車が動き出した。
バスが来たから、みんなあのバスに整然と乗っていくんだな。
想像すると、少し面白かった。

by barnes_and_noble | 2017-01-14 09:54 | モノローグ | Comments(0)

BARNES、読破を諦める、の巻

地元紙のコラムで興味を惹かれ、図書館に予約していた本、
『アウシュビッツの図書係』。

年末にとうとう順番が回って来て、
年末年始にじっくり読もうと張り切って借りたはいいが、
内容が息詰まるものなのに加え、分厚く、活字が細かいので
ちっとも読み進めない。
どこに行くにも持って行って、
時間があれば開いていたけれど、
返却期限もすぎてしまい、
本を持っていることが、本自体よりも重く感じられるようになった。

今までにこの本に費やした時間を考えると勿体ないような気もしたが、
さっき、思い切って返却してきた。
本を読むのを途中で止めるなんて本当に残念だが、諦めよう。

でも、1冊返して、結局3冊借りてきた私って・・・。

by barnes_and_noble | 2017-01-11 18:01 | | Comments(2)

BARNES、「富士ファミリー2017」に涙する、の巻

今年は、テレビをだらだら見るのはやめようと決心した。
興味をそそられたら、一生懸命見ることにしようと思ったのだ。

・・・で、去年のお正月には見はぐった「富士ファミリー」の再放送があったので、じっくり見てみた。
そしたら、なんだかガサガサしていた心がしっとりしたので、
「富士ファミリー2017」も、じっくり見た。
途中、片桐はいりがバイトの東出くんに妄想を抱くところが面白すぎて
笑いが止まらなくなって、泣いた。
面白すぎて泣くって、ほんとに久しぶり。
ますます心がしっとりした。
家族って、人って、いいなあ、と感じ入った。
木皿泉の脚本もとてもいいと思った。

小泉今日子が生まれ変わっちゃったらどうしようと思ったが、
先延ばしになったので、「富士ファミリー2018」も期待できそうだ。
そうしたら、また、じっくり見ようと思う。

by barnes_and_noble | 2017-01-11 00:00 | 映画・ドラマ | Comments(0)

新たな一年に思う

2017年が始まった。
相変わらず、新年早々、去年からの続きの掃除をしている。
合間にお餅を焼いたり、焼き肉をしたり、珈琲飲んだり、洗濯したりと
めりはりのないお正月である。

今日は、居間の私物を2階に移し、幼児用チェアをテーブルに設置する。
だらだら過ごしていたのに、新年会あり、嵐の番組あり、ルーブル美術館の番組あり、
駅伝見て、高校サッカー(地元の高校が2回戦進出!)見て、母親の病院に行って、
年賀状も書いて、と、俄かに忙しい1日になりそう。

大それた目標はないけれど、
取り敢えず、目の前のひとつひとつをこなしていき、
1日1日に楽しみを見つけていく1年にしたい。


by barnes_and_noble | 2017-01-03 07:55 | モノローグ | Comments(2)