<   2017年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

みんな、どうした?!

やたらに今日は人から物をいただく日で、こわいくらいだ。
今、まだ、午前中なのに。

まずは、松本猛著『ぼくの出会った絵本作家』(大和書房)。大先輩から。
22年前の本なのだが、今の私にとっては、旬な作家が勢揃い。
何度も読み返したいと思っていた本なので、とても嬉しい。

次は、機織りの時に使う木枠をKしてもらったお礼(貸していたのをすっかり忘れていた)にと
メリーズのチョコレート。パッケージも可愛く、連休まで温存。

それから、「使ったものだけれど、使ってくれたら、嬉しいと思って。」と
手渡されたのは、大好きなgentenのバッグ。これも先輩から。
その中には、水色のセーター。

みんな、みんな、ありがとう!
なんでもない日が、いい日になった。
身を引き締めて、暮らします。







by barnes_and_noble | 2017-04-26 12:13 | モノローグ | Comments(0)

ゴールデンウィークの準備

実家の片づけがあるので、遠出の予定はない。
でも、ゴールデンウィークに読む本の準備は着々とできている。
阿川佐和子の『正義のセ2』、
湊かなえの『山猫珈琲(下巻)』、
群ようこの『ついに、来た?』。
すぐにでも読み始めたいが、我慢、我慢。
ああ、楽しみだ。

by barnes_and_noble | 2017-04-24 10:49 | | Comments(0)

宝石は輝くか?

カタログの写真に一目ぼれして、「ソフィアの宝石」という名のペチュニアの苗を買った。
月曜日に届いていたのに、
土を触ろうというゆとりがなかなか見い出せず、
苗には悪いが、今日、鉢に植えることになってしまった。

今は小さな苗だけど、カタログみたいにこんもりと花が咲いたら、素敵だわ~。

で、1年ぶりに土を触ったけれど、ほんと、癒される。
志らにうちに、水仙とムスカリがいっぱい咲いて、
チューリップのつぼみも伸びてきた。

さて、「ソフィアの宝石」を輝かせることができるか、自分。

ああ、その前にどこかに見えなくしたデジカメを見つけなければ。


by barnes_and_noble | 2017-04-23 22:50 | モノローグ | Comments(0)

水筒の失踪

水筒に一目ぼれというのも、おかしな話だが、
とにかく、一目ぼれして買ったその水筒はにはとても満足していた。

キャップが赤くて、本体は紺地に星が散りばめられている。
いかにも水筒という感じがしない。
容量350mlなので、重くなりようもない。
仕事にも旅行にも持って行っていた。

それが、ある日、姿を消した。
思い当たる場所を徹底的に探したが、見つからず。
デパートの水筒のコーナーでも気に入ったのが、見つからず。

しぶしぶ以前に使っていた水筒を持ち出して、使っていたのだが、
昨日、保存容器の棚を整理していたら、なんと、姿を消したはずのあの水筒が
横たわっているではないか!
こっちから見たら、ふたの円形の部分しか見えなかったので、
まさかそれが水筒だとは夢にも思わなかったし、
なぜ自分がそこにしまったのかも、謎。

とにかくゴールデンウィーク前にお気に入りの水筒が見つかって、
得した気分である。


by barnes_and_noble | 2017-04-21 10:58 | モノローグ | Comments(0)

やっと桜の花が・・・でも、徐々に徐々に

一昨日はとっても暖かくて、
昨日は本当に寒くて、帯広で雪が降ったのも頷けるほど。
今日は、とっても暖かくて、
やっと家の近くの桜が少し開いてきた。
どうぞこのまま徐々に徐々に開いていってほしい。
急に一気に咲かれるのは、勿体ない。

できるだけたくさんの人に、
できるだけ沢山の時間、
桜の花を見てもらえることを願う。



by barnes_and_noble | 2017-04-20 20:52 | モノローグ | Comments(0)

もう一つ、春のドラマ「やすらぎの郷」

「つばき文具店」と「リバース」の他にももう一つ見逃せないドラマがあった。
それは「やすらぎの郷」。

倉本聰脚本で、ストーリーが今までにない設定。
年配の俳優陣がいい味を出している。
俳優たちの若かりし頃の写真なども出てきて、
俳優たちが歩んできた年月も感じることができる。

それにしても俳優さんたちが長いセリフを話しているのを聞くと
あっぱれ!と思わざるを得ない。
さすがです。


by barnes_and_noble | 2017-04-19 10:32 | 映画・ドラマ | Comments(0)

春のドラマ

楽しみにしているのは「リバース」と「つばき文具店」。
どちらも原作を読んで、読んでよかったとしみじみ思った作品だったし、
出演する俳優も、作品にあっているような気がする。
どちらも同じ時間なので、どちらをリアルタイムで観ようか、悩ましいけれど、
金曜日の夜が楽しみになったのは、間違いない。

あとは「貴族探偵」を観るけれど、こっちは未知数。

さて、今日は久々に何もない日なので、日ごろのほったらかし案件を
ちょっと片づけて、
義母とランチバイキング、そのあと、よ市と映画に行きたい。

by barnes_and_noble | 2017-04-15 08:11 | 映画・ドラマ | Comments(0)

胃検診時の苦悩

今朝、胃検診に行ってきた。
発泡剤をバリウムと共に呑みこむように言われ、
検診が終わるまでゲップはしないように言われ、
バリウムは一口ずつゆっくり飲むように言われ、
次は、「右に回って」といか「少し左向いて」とかいろいろ指示され、
いつも途中で苦悩する。

ゲップがでちゃったら、どうしよう。
立つ角度はこれでいいのだろうか。
バーを握った手が外れたらどうしようetc...

相手に訊くことも許されず、
相手の表情を見ることもならず、
終わりには下剤を渡され、水分はたっぷり摂ってくださいと送り出される。

たっぷりって、どれ位?

胃検診の時間だけは、解決しないことを、1人、くよくよ悩むのだ。
来年も再来年も悩むのだ。憂鬱なことだ。

by barnes_and_noble | 2017-04-14 10:01 | モノローグ | Comments(0)

新年度、心新たに 

わが家は今年、入学とか入社などという人生の区切りとは無縁なので
新年度といっても、ぴんと来なかったが、
職場で顔を合わせるメンバーが変わったり、
近くの高校の入学式の影響で、道が混んだり、
ウォーキングしている人のいで立ちが新品だったりすると、
ああ、新年度なんだなあと感じる。

人生って、新年度の連続で成り立っているんだなと思うと、
それもまた楽しい。

by barnes_and_noble | 2017-04-08 22:20 | モノローグ | Comments(0)