<   2017年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

夏休み気分で

夏休みに入った小学生を色々なところで見かける。
小学生って、いいな。
夏休みには楽しいことがいっぱい。
時間がいっぱい。
うらやましい限りだ。

でも、大人だって夏休み気分で、何かしてもいいはず。
または、何もしなくてもいい。

ふと、仕事帰りに、暑さにうだりながら、冷たいコンビニのアイスコーヒーを飲むのと
風通しのいい部屋で熱いコーヒーを飲むのとどっちがいいかなとか考えた。
どっちでもいいや。
それが夏休み気分というものだと納得する。

ちなみに今日は珈琲淹れて、バナナプリンを食べて、
まだ今日は今から8時間もあるぞ、と楽しくなった。
あと8時間もだよ!



by barnes_and_noble | 2017-07-27 15:56 | モノローグ | Comments(0)

ご褒美

大人になってから「ご褒美」をもらうことって、そうない。
でも、先日、仕事のあとに友人に呼び出され、
両手に抱えるほとの花束を貰った。
花を作っている知り合いに頼んだ「とれたての花」。
たくさんもらったので、家のいたるところに花!
暑さにめけず、10日以上もっている。

嬉しい、嬉しい。
a0025572_07090980.jpg

by barnes_and_noble | 2017-07-24 07:23 | モノローグ | Comments(0)

夏の風物詩、豪雨に流れる

今日は北上川のゴムボート川下り大会の日だった。
前日からの豪雨で中止になった。
避難準備の勧告が出ている地区もあるようなので、当たり前の措置だと思う。

毎年、この大会に参加すると、「いよいよ夏だ!」と思うのだが、
今年はその前に異常に暑い日が続き、「いよいよ夏だ!」と思う前に息切れしそうだった。

私の今年の夏の風物詩は流れてしまったが、
来年こそは青空のもと、10位入賞を目指して漕ぎたいものだ。
来年、出場する体力と気力がまだありますように。



by barnes_and_noble | 2017-07-23 15:22 | モノローグ | Comments(0)

『少ないもので贅沢に暮らす』

母の病院の付き添いの待ち時間に読み終えた1冊。
実は何回も読んでいる。
石黒智子著 (PHP文庫)
代官山のTSUTAYAに行った時に、記念に買ったのが2年半前。
写真が多くて、イメージしやすいのと、行間が広くて、読みやすいのが決め手だった。

贅沢でなくても、少ないもので暮らしたいという気持ちでいるので
(この夏こそ実家の片付けにケリをつけ、小さな家をと思っている)、
参考になる考えが沢山詰まっている。
そりゃ、夫が建築家で、100坪の家に住んでいる石黒さんと私では
真似できないわ~、という部分が沢山あるけれど。

by barnes_and_noble | 2017-07-12 10:31 | | Comments(0)

司会は苦手

県立美術館の企画グループとおはなしグループに所属している。
今日は企画グループ主催の琵琶の演奏会だった。
会議になかなか出席できないこともあり、当日は手伝えることはやろうと決めている。
・・・が!
いつの頃からか、演奏会の司会のお鉢が私に回って来て、
ずっと司会は私の役割になってしまった。
はっきり言って、司会は苦手。
今日も今日とて司会をしたが、いつも終わったあとは、申し訳ない気持ちになり、
後始末などを頑張った。
とても消極的な望みだが、来年は別な役回りになりますように。

by barnes_and_noble | 2017-07-08 23:24 | 音楽 | Comments(0)

高校野球、地区大会始まる

家族の宅配が届くのを待っている。
テレビをつけたら、開会式が始まるらしい。
・・・と思っていたら、のろしが上がった。

入場行進を見て、学校紹介をききながら、
緊張した面持ちの高校球児に「頑張れ!」と思う。

球場の近くに住んでいるから、実況が聞こえる。
高校球児に知り合いはいないけれど、
しばらくの間、「夏」を耳で感じる季節が始まった。

by barnes_and_noble | 2017-07-07 10:09 | モノローグ | Comments(0)

思いきれる日

家の中に溢れかえる物に目をつぶり、忙しいふりをしている日々。
今日は、少し涼しいので、ほんの少しだけ物の仕分けをしようと思い立った。
すると、今まで固執していたはずの物の「要る要らない」がさくさくできた。
足の踏み場ができた。
明日も頑張ろう!とは思えないが、
今日は自分の中で「思いきれる日」だったのだと思う。

by barnes_and_noble | 2017-07-04 12:11 | モノローグ | Comments(0)

『ハリネズミの願い』を読む

ベージュのの地にかわいいハリネズミが1匹という表紙に惹かれて、
読み始めた『ハリネズミの願い』。
空想の世界になかなか入れなかったが、
動物ごとに章が分かれていることが(1章4ページほど)読み進めるのを助けてくれた。
ハリネズミがあれやこれやくよくよ考える中身は、私たち自身の悩みそのものだ。

繰り返しが飽きるほど(少し言葉が悪いけれど)続いたあとに、真打登場!
リスよ、ハリネズミのところに遊びに来てくれて、ありがとう。
そして、素敵な手紙をありがとう。

書誌情報:トーン・テレヘン  長山さき 訳  (新潮社) 2016年

by barnes_and_noble | 2017-07-03 07:25 | | Comments(0)

着るものがない!

体形の変化で、日常着るものに事欠いている。
仕事はスポーツウェアでいいので、どうにかなるが、
読書会とかランチするとか研修会に出るとか、そういう時に着られる服がない。

ぴちぴちもぶかぶかもこの歳になってはみっともない。
今週こそは、服をいくつか見繕い、
ワンピース用の生地も見つけて、縫ってもらう算段をしなければ。

・・・とやっと思えた休みの日の午後。


by barnes_and_noble | 2017-07-02 16:52 | モノローグ | Comments(0)

正しいおはなし会の迎え方ではない

あと9時間半後におはなし会が始まるが、
この真夜中に、おはなし会で使う紙を、ああでもない、こうでもないと
試しているというのは、いくらなんでも余裕がなさすぎる。

明日は、おはなし会のあとは仕事、そのあとは、2人の小さい女の子を預かることになっている。
こんなにきちきちのスケジュールで、大丈夫なのか、自分。

せめて、次のおはなし会の前にはぐっすり睡眠をとって、ゆとりを持って過ごしたいと独り言つ。

by barnes_and_noble | 2017-07-01 00:44 | | Comments(0)