秋晴れに免じて

手帳に一つも予定が入っていなくて、不安になった今日。
何か忘れているんじゃないか、何かやらなきゃならないことがあったんじゃないか、と。

でも、そんな不安を吹き飛ばすかのような、晴天。
風はそよぎ、公園では思い思いに時間を過ごす人たちがいて、
やらなきゃならないことがあったとしても、秋晴れに免じて、
この一日を楽しませてもらおうと思った次第。

# by barnes_and_noble | 2015-10-18 00:00 | モノローグ | Comments(2)

雑多な読書の記録~岸辺のヤービ

梨木香歩作(福音館書店)
 
三浦しをんの「あの家に暮らす四人の女」同様、
梨木香歩が児童文学?と、いぶかりながら読んだ。
「西の魔女が死んだ」「家守奇譚」「f植物園の巣穴」とは
どうも趣が違い過ぎる。
先に読んだ友人が「ムーミン」と「床下の小人たち」みたいだと
言っていたが、まさに、言いえて妙という感じ。
ヤービのセリフもムーミンをほうふつとさせる。

かわいらしい物語である。
次回作が出たら、読んでみようとは思う。

本が紙のケースに入っていて、カラーの挿絵のページは
つるつるの紙で、昭和の時代の本の造りみたいで、懐かしかった。

今、探し物をしている。まだ見つからない。
いつも探し物してるなあ、自分。


# by barnes_and_noble | 2015-10-13 23:07 | | Comments(0)

雑多な読書の記録~あの家で暮らす四人の女

三浦しをんさんの新作。
今までの作品と趣の違う書名をいぶかりながら読んだ。
a0025572_23261307.jpg
つつましく暮らす母と娘と一緒に暮らすことになった2人の女性。
淡々と物語が進むのかと思いきや、
開かずの間に怪しげなものが。
幾つかの出来事も散りばめられ、
新幹線の中で一気に読み終えた。

新作を読んですぐに次回作を期待してしまう、
三浦しをんの筆の力にあっぱれ!



# by barnes_and_noble | 2015-10-12 23:39 | | Comments(0)

木曜日のお楽しみ

人から見れば、せこい話。
でも、ここ3か月くらい、木曜日には仕事帰りに寄るところがあって、
それがとっても楽しみ。

職場から帰る途中、まず、古着屋さんに寄って、古着を査定に出す。
次に、不用品をリサイクルショップに持っていく。
査定を待っている間に、近くのスーパーに
ペットボトルと古紙を出して、ポイントを貯める。
そのポイントにいくらか足して、おやつを買う。
リサイクルショップと古着屋さんに寄って、売り上げ金をもらう。

古着なんて、20円だったこともあるけれど、
帰るついでなんだから、金額は関係ない。

この木曜日の小さな楽しみ、いつまで続きますことやら。


# by barnes_and_noble | 2015-10-08 00:05 | モノローグ | Comments(2)

爆弾低気圧なんてなかった

各地にその爪痕を残した「爆弾低気圧」。
昔はそんな言葉、なかった。

秋には「台風」が来て、天気予報では台風の目の場所を教えてくれる。
大人は来るべき台風に備えて、雨戸を閉め、ローソクの準備をし、
子どもは、いつもとは少し違った大人の様子に
それなりの過ごし方を考える。

それが今はというと、低気圧に「爆弾」などと物騒な名前がつき、
歩く人を吹き飛ばし、道路には水があふれ、
電柱をなぎ倒し、なにもかもが激しすぎる。
「風情」といったものがない。
寂しい限り。

言葉も自然もどんどん過激になっていくのが、残念でたまらない今日このごろ。



# by barnes_and_noble | 2015-10-02 23:25 | モノローグ | Comments(0)

先週の3本

ずっと映画館とは疎遠になっていた反動で、先週は3本も映画を見た。
「HERO」と「ジュラシック・ワールド」と「靴職人と魔法のミシン」。

「HERO」は、登場人物の性格付けがきちんとなされていて、
演じ手も作り手も楽しんでいるのが伝わってきて、
時間があったら、ドラマの方を見直してみたいと思わせる作品だった。

「ジュラシック・ワールド」は、映像が素晴らしかった。
特に、翼竜が人間を襲う場面の迫力といったら!
それにしても、翼竜、その翼で飛んでちゃったけど、いいのかしら?

ダウントン・アビーに出ていたマシューが出ているということで
見逃せないと思っていた「靴職人と魔法のミシン」。
大人のファンタジーといった感じで、とても面白かった。
見終えたあとには「たかが靴」ではなくて、
「人となりを表す靴」に変化していて、
靴を適当に何も考えないで履いてはいけないような神聖な気持ちになる。
(結局、マシューは端役だった。
 この役のために、ダウントン・アビーを去ったと思うと、
 とっても微妙な気持ちになる。
 この役は、ほかの人でもできるけど、
 ダウントンのマシューは彼にしかできないから。)
でも、いい映画だった。


# by barnes_and_noble | 2015-10-01 22:36 | 映画・ドラマ | Comments(2)

雑多な読書記録~「中島ハルコの恋愛相談室」と「火花」

今をときめく林真理子と又吉直樹の作品。
なのだ・・・が!
私の感性が乏しいのか、読解力が足りないのか、
どちらもピンと来なかった。

どちらも、あと十数ページで読み終わるというところで、
結末が「えっ?そうなっちゃうの?それでいいの?」って感じ。

でも、どちらも最後まで読んだってことは、
それなりに私を惹きつける「何か」はあったってこと。

今晩の読書会で、話題にしてみよう。

# by barnes_and_noble | 2015-09-30 17:36 | | Comments(0)

苔のテーブル

先週、森林公園に出かけたら、こんなのがあって、
触るとふかふかで、自然の醸し出すマイナス・イオンに癒された。
なんだか、小動物たちが木の実を食べてそうなテーブル。


# by barnes_and_noble | 2015-09-29 00:07 | 旅行 | Comments(2)

「冬のソナタ」のゆくえ

「嵐BLAST in 宮城」はとっても楽しかった。
会場での一体感が心地よかった。
天気にも恵まれたし、宮城を盛り込んでいる内容も素晴らしかった。
利府の役場の方々なのだろうか、手作りの「ありがとう」の紙を掲げ、
シャトルバスにみんなで手を振ってくれて、素敵な思い出を締めくくってくれて、
こちらこそ、ありがとう。

そりゃ、ちょっと悩ましいこともあったけれど、これからも嵐を応援していこう、
と思った次第。

・・・で、話はLIVE前のトイレの、それはそれは長い待ち時間へとワープ。
友人が「家の奥を掃除してたらね、冬のソナタのメモ帳見つけたのよ。」と言った。
なんてタイムリーなのだろう!
「え~、私も便箋見つけてね、1枚ずつヨン様とチェ・ジウが印刷されてるやつ!」
と、食いつく私。
「使ってないのを捨てるのは勿体ないでしょ。でも、職場で使えないし。」と、友人。
「わかる、わかる。で、私はね、孫を預かった時の記録を書くのに
 使うことにしたの。」と、私。
結局、友人も電話のメモに使い始めたという顛末。
ということで、嵐のグッズは、勿体ないと思わずに、
すぐに使った方がいいという共通の見解に達したのである。

# by barnes_and_noble | 2015-09-27 23:28 | モノローグ | Comments(0)

シルバーウィーク4日目

午前中は美容院へ。

午後は、母と「フリオ・ゴンザレス展」へ。「菊」の3部作が素晴らしい。
その後、新しい手帳を購入。

夜は、なぜか家族と気が合い、「ジュラシック・ワールド」を観に出かける。
人間って、愚かしいことを繰り返すものなのね。
2Dで観て、正解。
3Dだったら、リアルすぎて、最後まで観られなかったかもしれない。

さて、明日はいよいよ、嵐BLAST in 宮城!

# by barnes_and_noble | 2015-09-22 23:54 | 映画・ドラマ | Comments(2)

シルバーウィーク3日目

夕方、「HERO」を観に行った。
ひとり一人の性格がはっきりしているものって、面白さが増す。
とっても楽しめた。
それにしても、本当に久しぶりの映画だったなあ。

映画館に行くのに、いつもすぐ入れる駐車場に列ができていたり、
途中の冷麺で有名なお店の前に行列ができていたりして、
世の中の人は、いろいろ楽しんでいるのね、と思う私は、冷めている。

明日は、今日よりは忙しくなりそうだ。

# by barnes_and_noble | 2015-09-21 23:54 | 映画・ドラマ | Comments(0)

シルバーウィーク二日目は・・・

1日目より、「何かをした感」はあったかな。

近所のコーヒー屋さんで、読書会の友人と、本の紹介の原稿をチェックした(カフェ・オレ飲みながら)。
ぐだぐだしゃべってた時間の方が長かったけど。

書店のよみきかせ。エリック・カールの「だんまりこおろぎ」の季節になった。
この本、読むたびにこわい。電池が消耗していて、コオロギが鳴かなくなってたら、と。
今日は、セーフ。
電池が切れたら、電池だけ替えられるのかしら?それとも、本を買い替えるのかしら?

夜、6時から10時まで仕事。

昨日読みかけた又吉さんの「火花」読了。
小島慶子さんの「わたしの神様」図書館に返却。

さっきまでアイロンかけをしていた。
私は手ぬぐいやハンカチにアイロンをかけるのが大好きなんだよね。

買っていたSUGAR BABEの「SONGS」のCD、初めてかけた。
昔買ったLPは、今、どこにあるのか、思い出せない。

そんなとこ。




# by barnes_and_noble | 2015-09-20 23:23 | モノローグ | Comments(0)

シルバーウィーク1日目なのに・・・

何もしないままに終わろうとしている。
実家から大量に運んできた荷物の整理は、整理にならず、広がっていくばかりだし、
映画観に行こうと思っていたら、時間を勘違いして、観逃してしまうし、
何も実りがないっていう・・・。

今から、友人に借りた又吉さんの「火花」読もうと思っている。



# by barnes_and_noble | 2015-09-19 23:22 | モノローグ | Comments(0)

嵐のLIVEについての傾向と対策

最近、ライブにもわくわく学校にも縁がない。
で、明日はライブの申込みの締め切り日。
ライブのお知らせが届いたとき、「傾向と対策、練らなきゃね。」と、友人と語り合ったが、
そもそも嵐のライブの当選に、傾向も対策も練りようがない。
結局は、場所とスケジュールを突き合わせて、申込みをした。
ああ、神様、よろしくお願いします。

今日は、県議会議員の投票日。
朝、家族と投票所へ行ったら、受付のところに列ができていて、驚いた。
当たり前のことなのかもしれないが、今までそんなことなかったので。
当選者より、投票率が気になる私である。



# by barnes_and_noble | 2015-09-06 13:50 | | Comments(2)

「りぼん」と「なかよし」

最新号のAERAで少女雑誌の「りぼん」と「なかよし」60周年の特集を
しているのを新聞広告で見て、すぐに購入した。

その昔、私は「りぼん」を購入していて、
隣に住む同級生は「なかよし」を購入していて、
確か発売日が同じなので、一緒に本屋さんに行って、
自分のを読み終えると、交換して読んでいたっけ。

付録もかわいくて、大切に使った思い出が。

さすがに社会人になってからは、「りぼん」を卒業したが、
まだ、すたれないで、両誌とも生き延びていたとは。
あっぱれ!である。

そして、60周年ということは、私が生まれるよりも早く、
両誌が創刊されていたことに、驚いた。

ああ、「りぼん」や「なかよし」や「少女フレンド」や「マーガレット」を
繰り返し繰り返し読んでいたころ、幸せだったなあ(遠い目)・・・。

# by barnes_and_noble | 2015-09-03 20:32 | | Comments(2)

雑多な読書記録~2つ、3つ言い忘れたこと

どんなに悲しいことがあっても、おなかは空く。
どんな状況でも、活字は追う。
それが私だ。

この夏、父の入院する病室で、この本を読んだ。
普段なら、苦手で、読むのを投げ出すジャンルだが、
病院に泊まり込むという閉鎖された状況で、読書会の課題であるこの本を最後まで読んだ。

「二つ、三つ言い忘れたこと」オーツ作
a0025572_23351676.jpg
グループの一員が自殺した。
その理由はわからない。
でも、本当に困ったとき、ふと、そばに自殺した友人の魂の存在を感じ、
安心感に包まれて、困難に立ち向かっていこうと思える、という物語。
題名は私にとっては謎だし、表紙も内容とは少し違っているかな、と
思えなくはないが、
本当に困った時に勇気づけてくれる魂の存在が、
今の私を勇気づけてくれているのは確か。



# by barnes_and_noble | 2015-09-02 23:44 | | Comments(0)

あるべき場所に


色々身の回りを整理していて、
眼鏡だったり、携帯だったり、読みかけの本だったり、
そういうものが、あるべき場所にある大切さを感じている。


# by barnes_and_noble | 2015-09-01 23:58 | モノローグ | Comments(0)

今までで一番・・・

色々なことを考えさせられた1週間が過ぎた。
この年になって初めて、親の死に直面し、
昨日、葬儀一切を終え、
なんだか今日が私の新たな人生の始まりのような気がしている。

この夏は、忘れない、絶対に。
今日は、ここまで。

# by barnes_and_noble | 2015-08-22 23:59 | モノローグ | Comments(0)

雑多な読書の記録~浮世道場

友人の仕事帰りに、自分が涼みたいから、お茶をした。
で、1年以上前に借りていた村山由佳の本を返した。
村山由佳が20年以上前にイギリスに滞在した紀行文のような本。
借りて一旦開いたものの、なかなか波に乗れなかったのが、
この夏、やっとすいすい読み進められたのは、不思議。
でも、そう友人にいうと、自分も同じだったよ、と言われた。

私は彼女がシェイクスピアの生家に行ったところの件が
とても楽しかった。そうそう、そうなのよ、私もそう思ったわ!の連続で。
そして、思い出してしまった。
あそこのお土産屋さんでクロスステッチの材料を買ったのに、
色を間違えて刺してしまい、そのあと、放置していたことを。
でも、暑いから、全く着手する気なし。

で、群ようこの「浮世道場」(講談社文庫)。
「方丈記」や「紫式部日記」などの古典が楽しく語られているはずが、
やはり原文が出てくると、難しい。
群ようこの解説の方は、とっても面白かった。
この本の中で読んだことはないのだが、書名だけ知ってる
(よくあるよね、そういうの。)
世阿見の「風姿花伝」が、現代にも通じるものがあって、
群さんが解説してくれてよかったなあ、と思った。
原作を読もうと思った、と書くと、嘘になる。
a0025572_22051811.jpg


# by barnes_and_noble | 2015-08-09 22:07 | | Comments(0)

川を下ってみたならば

今年も恒例、「北上川の川下り」の大会に参加。
前日まで大雨だったけれど、大会は開催された。
何せ、ギネスかかってるから、よっぽどのことがなきゃ、中止はしないよね。
何のギネスに挑戦かというと、川下りの大会でのゴールしたボートの数。

ってか、盛岡の人って、負けず嫌いだよね。
この大会でギネスに認定されたボートの数が追い越されたからって、
リベンジしようとするし、
去年は、踊りながらたたく太鼓の数でリベンジを果たしたし。

各チーム予め1個のバッジをもらっていて、ゴールすると、そのバッジを
ギネス認定員の見守るところで、所定のケースに入れるという仕組み。
暑い中、認定員のかた、ブレザー着て暑そう。
その認定員のおかげで、ギネス認定されたわけだけど。

ま、私たちは女子チームで、参加数の三分の一の位置につけ、
まあまあかな、って感じ。
かかった時間も1時間ほどで、例年通り。

ただ、ゴール地点から、上陸地点まで川を下ってみたならば、
いよいよ夏到来!
川からの目線が新鮮!
ゴール後の冷えた飲み物がこんなにおいしいとは!
!!!で、とっても楽しかったのだ。
# by barnes_and_noble | 2015-07-31 21:44 | モノローグ | Comments(2)

「あん」を観にいく

友人とかねてより約束していた「あん」を観に行った。
樹木希林がとてもよかった。
大雨にもかかわらず、映画館は私たちと同じ世代だと思われる年齢層の人たちで混んでいた。
たくさんの人たちがこの映画を観てくれて、嬉しい。
雨粒と一緒に、私の心も少し潤ったようだ。

予告編を見ていたら、洋画で「靴職人」と「ミシン」がなんとかかんとかという映画に
ダウントン・アビーのマシューが出てきた。
幸せの絶頂で、車に轢かれて死んでしまったマシューが
現代版コメディーに出ていると、マシューじゃないような気がして、混乱する・・・。
ていうか、マシューって、ダウントン・アビーでの名前。
ええと、そうそう、マシューは、ダン・スティーブンスだった{ますます混乱する・・・)。
# by barnes_and_noble | 2015-07-27 23:36 | 映画・ドラマ | Comments(0)

現場を見たかって?

左の膝のあたりを虫に刺されたらしく、赤くなってるな、と思って、
ムヒを塗ってから、絆創膏を貼っておいた。
そしたら、絆創膏のガーゼの部分がすれたのか、水ぶくれができた。
1週間後に恒例の北上川川下りボート大会があるので、
ちゃんと直したいと思い、仕事帰りに皮膚科に寄った。

待つこと2時間半、診察を受けるときに、経緯を聞かれたので、
「おととい、虫に刺されて・・・」と言いかけると、先生が「虫に刺されたのを見ましたか?」と聞いた。
「現場は見てませんけど、虫さされだと思いました。」としか答えられなかった。

アンケートしたわけではないが、虫さされの現場を見たら、
きっと、虫をはたき落とすか、追い払うか、どっちかするんではないだろうか。

「いや、なんか、この水ぶくれが帯状疱疹っぽいのでね。」と言われ、
頭の中は帯状疱疹→痛い→ボート大会欠場→テンション下がるということに。
虫さされにも初期の帯状疱疹にも大丈夫な薬を処方してもらい、包帯もしてもらう。
痛くなったら、すぐ来るようにと言われ、二日が過ぎた。
いっこうに、痛くならない。
かえって、太い足を圧迫する包帯で、痛がゆい。
水ぶくれはつぶれた。
やはり、虫さされに違いない、現場は見てなくっても。
# by barnes_and_noble | 2015-07-18 23:46 | モノローグ | Comments(4)

温泉がなけりゃ、やってけなかった3週間

自分にとって、怒涛の3週間は、友人の入院から始まった。
いつも元気で行動力のある友人が倒れたことに、色々、考えさせられた。
その数日後、父が入院。 その弱々しい姿に、人生って・・・と考える。

でも、日常は続く。
毎週火曜日には小学生へのよみきかせ。
書店でのよみきかせ2回。
市立図書館での「夏のちいさなおはなしかい」準備と小さな子の部の担当。
県立美術館でのミュージアム・コンサートの打ち合わせと、拙い司会。
保育園に入園する孫のため、お昼寝用の布団やタオルケットに名前をちくちく。

同僚との飲み会、友人とお茶、お友達夫妻とは「よ市」で夕涼み。
県立美術館の「ゴーギャンとポン・タヴァンの画家たち」には最終日に滑り込む。

ほんと、友人との日帰り温泉と、義母に連れて行ってもらった1泊2日の温泉旅行が
なければ、やってらんない日々。
行く前は、行くことを楽しみに自分を叱咤激励し、
行った後は、その思い出を糧に、自分を鼓舞する、そんな日々。

なのに、今は、温泉を楽しめない状況に。わけあって、膝に包帯してるから(涙)。



# by barnes_and_noble | 2015-07-16 00:03 | モノローグ | Comments(2)

雑多な読書の記録~モダン hondana

大好きな原田マハの、美術館をモチーフにした短編集。
a0025572_23581354.jpg
「ロックフェラーギャラリーの幽霊」と「あえてよかった」の2編がじんわり来た。
でも、やっぱり、「ジヴェルニーの食卓」や「楽園のカンヴァス」のようなしっとりした作品がいいな。
次の作品に期待しよう。

それはそうと、先週、初めて「アメトーーーク!」を観た。
又吉さんとオードリーの若林さんとオアシズの光浦さんが出ていて、
本や読書に関する「あるある」を話していたが、
もうその内容がわかりすぎて、共感しすぎて、録画を何度も見てしまった。



# by barnes_and_noble | 2015-06-22 00:14 | | Comments(4)

やっぱり蕾が好き

この季節、近くのバラ園にはあでやかな大輪のバラ。
見目麗しく、香りもよくて、ため息が出る。

でも、やっぱり私は蕾が好き。
これから花開こうとする、小さい中にエネルギーと可能性を秘めた蕾が好き。
a0025572_23595273.jpg

# by barnes_and_noble | 2015-06-18 00:22 | モノローグ | Comments(2)

各馬、一斉にお出かけ準備中

岩手滝沢の「チャグチャグ馬っこ」。
各馬、一斉にスタートではなくて、ここで、出発のためにお出かけ準備。
鞍をつけて、耳にカバーをして、鈴もいっぱいつけて、と。
年に1回の晴れ姿。
馬たちの凛々しい横顔をご覧あれ。
a0025572_21353571.jpg

# by barnes_and_noble | 2015-06-16 21:43 | モノローグ | Comments(4)

近頃、本当についてない・・・

まずは、「嵐のわくわく学校」にエントリーするも、不合格。
次は、宝くじ。バラで5枚買ったけど、ハズレ。
その次、大野さんの作品展の「FREE STYLE Ⅱ」のチケット、買えず。

今、「わくわく学校」の二次募集にエントリー中。
今日から「ブラスト・イン・MIYAGI」のエントリー開始。
そして、明後日、「FREE STYLE Ⅱ」に再挑戦。

まあ、自分がついていないのは仕方ないにしても、
オークションに出品目的でエントリーするのだけは、本当にやめてほしいと
思うのであります。



# by barnes_and_noble | 2015-06-16 01:20 | | Comments(0)

鳥獣戯画は遠かった

国立博物館で開催されている「鳥獣戯画」展に行こうと思ったのだが、
チケット売り場で2時間待ちと表示されていたので、それでは会議に間に合わぬ、と断念したのが、2週間前。
今回は、会議が午後からだったので、再挑戦。

開館前に行ったのに、早くも2時間待ち。しかも炎天下で。
待ち時間に解いてねとクロスワードが配布されたが、同時に日傘も貸し出されたので、
日傘をさしつつ、どうやってクロスワードを解けるのか、疑問。

結局、会場に入れたのは、2時間半後。
しかも、鳥獣戯画の甲巻(あの兎と蛙の有名なシーン)を見るためには、さらに中で3時間待ちとか。
「鳥獣戯画」目当てで出かけて、「鳥獣戯画」が見られないって、悲しい。
でも、仕方がない。つらつら考えるに、「仕方がない。」って、諦めるには最適の言葉。

鳥獣戯画以外の展示もとっても面白いということは予習していたので、
阿吽の「鹿」とか、とってもかわいい「子犬」とか、
2人のお坊さんのエピソードを絵巻にしたものとかを楽しんで、会場を後にした。
京都高山寺の至宝は、日本人の心を鷲掴みにしているということを実感。
a0025572_22193410.jpg





# by barnes_and_noble | 2015-06-04 22:43 | モノローグ | Comments(0)

残念な結末のはずが・・・

ゴールデンウィークの頃から、家族から引き継いてやっていたジグソーパズル。
毎日地道にコツコツと、とNHKの朝ドラの希ちゃんのようなことを言いつつ、
家事もそこそこに取り組んできた。
ところが、一昨日、あと4ピースで出来上がりというところまで来たのに、残念なお知らせ。
4つのピースが全然はまらない。
そんなことってある?

でも、どうしたって、はまらないので、放置した。
すると、真夜中に小人さんたちがやってきて、はめてくれたのだろうか、
次の日に出来上がっているではないか!
よく見ると、ちょっと無理やりはめたっぽいところもあるが、
何せ、世界最小のジグソーパズルなので、全然めだたない。
a0025572_00444388.jpg
全面を糊でコーティングして、乾かしているところ。
もう二度とやりたくないが、なんとか形になったのは、助かった。


# by barnes_and_noble | 2015-05-28 00:48 | モノローグ | Comments(0)

雑多な読書の記録~かたづの!

ただ単に、話題作だったので、手にした1冊なのに、やられた。
活字が小さくて、厚くて、しかも「かたづの」って、何なの?
なぜ、こんなに話題になっているわけ?

私にとっては今まであまり興味のなかった時代のできごとが、
一角獣(後には、残された一本の角)によって語られていく。
その視点がユニーク。
岩手に住む私にとっては、盛岡、花巻、遠野、八戸、三戸が舞台だというのも味方した。
そして、装幀は盛岡出身の名久井直子さんときて、ますます興味をそそられる。
表紙に登場する動植物にも意義がある。

さて、南部の殿様の時代の話というだけでも結構楽しめて、そろそろ話が終わるのか、
と思っていたら、最後の数ページで思いもよらない展開になって、
鈍い私にも、なぜこの本が話題作であるのかがわかった。

そして、以前、国立新美術館で「貴婦人と一角獣」の展覧会を観ていた偶然に、感謝しつつ、
静かな感動に浸った。


# by barnes_and_noble | 2015-05-26 00:22 | | Comments(2)