検査の結果は

若い頃は、健康診断など、気にしたことはなかった。
いつもA判定だったから。

でも、年齢を重ねてくると色々とぼろが出てくるらしい。
去年は大腸の精密検査を受ける羽目になったし、
今年は腎臓の検査を受ける羽目に。
去年は1日がかり、今年は数時間だったが、
どちらもありがたいことに「異常なし」。
その結果に感謝しつつ、1日1日を大切に過ごしたいものだ。
つい「健康であること」を忘れてしまいがちになるから。

昨日は小田和正と和田唱を聴いていたけど、
今日はディオンヌ・ワーウィックを聴いている。
「アルフィー」をリピートして聴くと、このまま珈琲とか飲んでくつろいでしまいそうだ。
リピートはやめて、珈琲を淹れて気持ちを切り替え、頂き物の鬼太郎饅頭を食べて、
原稿を考えなければならぬ。
さて!




# by barnes_and_noble | 2018-09-20 22:22 | モノローグ | Comments(0)

やっぱり音楽はいい。

録画リストの中から
なんとなく「クリスマスの約束」を見ていたら、
なんか癒されて、
音楽っていいなあ、と思った。
特に、60年代、70年代の曲は、いいなあ。
シンプルなメロディーラインが
今よりよほどすっきりしたライフスタイルだったころを思い出させる。

友人からお花をプレゼントされ、
花と音楽に着かれた心を癒された秋らしい1日だった。



# by barnes_and_noble | 2018-09-20 00:16 | 音楽 | Comments(0)

未来を求めて

どんなに悲しくても朝は来るし、
どんなに悲しくてもお腹は空くし、
どんなに悲しくても暮らしは続いていく。

気が早いが、来年が少しはましな1年であるように、
願いをこめて、来年の手帳を買ってきた。
並んだたくさんの手帳の中から1冊。
この手帳には、幸せな予定がたくさん書けますように。


# by barnes_and_noble | 2018-09-12 23:24 | モノローグ | Comments(0)

『書店主フィクリーのものがたり』

午前中の仕事が終わり、
午後は読みかけだった『書店主フィクリーのものがたり』(早川書房)を読むことにした。
今日に限って、時間はたっぷりあるし、たっぷりあるし、ありすぎるくらいだし
(家事に目をつぶればの話)。

「書店主」というワードが入ったタイトルが気になったし、
一昨年の本屋大賞 翻訳小説部門第1位という帯も気になって、購入。

最初の読みにくさを乗り越えたら、
すばらしい展開が待っていた。
島のひとつしかない書店での物語。
フィクリーの残したものは、つながっていく。

読み終えてから、作者ガブリエル・ゼヴィンのデビュー作が
『天国から始まる物語』であることを知った。
あの物語もとても素敵な物語だった。

今日の時間、とても充実していた。
夜になったが、今から、重い腰を上げて、片付けをしようと思う。




# by barnes_and_noble | 2018-09-06 21:03 | | Comments(1)

時間の使い方が下手になった

テレビでは台風のニュース。
自然の前では、人間は何もできない。
被害がこれ以上、広がりませんように。

今朝、はっきり認識したのだけれど、
ここ数日の間に、私は時間の使い方が下手になった。
とってもとっても下手になった。

これじゃ、ダメだ、本を読もう!と思ったけれど、
車まで取りに行かなければならない。
雨が強いので、本がぬれてしまいそうで、躊躇している状況。

# by barnes_and_noble | 2018-09-04 22:21 | モノローグ | Comments(0)

湊かなえ47都道府県サイン会in岩手

本当は悲しいことで頭がいっぱいだったが、
その前までは楽しみにしていた、湊かなえのサイン会。
絶対に来てくださいね、と書店からもらった整理券があるから、行かねばなるまい。
ま、この間読んだ『未来』は、私には合わなかったのだけれど。

サイン会のために買った『未来』にサインしてもらっても、
この本を二度と開かないだろうと、
以前読んで読後感がよかった『山女日記』の文庫本を新たに買う。

実に、2時間半待ち。
湊さんは、一人ひとりとお話をし、サインをし、一緒に写真に収まってくれ、握手までしてくれるので。
悲しみにくれている私には、待っているのは酷な話。
でも、それを救ってくれたのは列の前と後ろの女性。
「今日は、どの本にサインを?」と私が問いかけたことから、
おしゃべりが始まって、書店員さんからは仲良し3人組でサイン会に来たと思われる始末。
名前は訊かなかったけれど、また、どこかであったら、わかるような気がする。

私は47都道府県サイン会を提案してくれて嬉しいと伝え、
ミステリー作家のサイン会なのに、「山女日記」にサインしてもらうことを謝り、
最後に『未来』に未来はあるのかと尋ねた。
「あるようにしてください。」と湊かなえは答えてくれた。

待っている間、ずっと立っていたので、体は大変疲れたが、
行ってよかったと思えるサイン会だった。

# by barnes_and_noble | 2018-09-03 22:43 | | Comments(0)

秋の気配と『未来』湊かなえ著

「秋の気配」がする。
ここ数日、とても悲しいことがあって、
そして、8年前にも「秋の気配」の感じられる頃、悲しいことがあったなあと
涼しい風に吹かれて思い出す。

やることがあって、できる時はいい。
悲しいことを少し忘れられるから。
でも、できない時は、ぼーっとテレビを見る。
ほんとにぼーっと。
恐ろしいくらいだ。
その後、我に返り、購入していた湊かなえの『未来』を一気にむさぼり読む。
厚さが柚月裕子の『盤上の向日葵』くらいあるやつ。
そうしたら、読後感がよくなくて、読んだことを後悔。
こんなことって、ある?

仕事帰りにローソンに寄った。
100円のホットコーヒーを買うために。
今日は誰かにコーヒーを手渡してほしかったのだ。
そんな1日の終わり。


# by barnes_and_noble | 2018-09-01 22:50 | モノローグ | Comments(2)

切に願うこと

雨降って地固まれ!!!
# by barnes_and_noble | 2018-08-28 16:56 | Comments(0)

真逆の二日間

真逆だった昨日と今日。
昨日は「動」。
小さい子たちを保育園に連れて行ったあとは
母を老人施設に迎えに行き、病院に連れていくも、臨時休業。
美術館のよみきかせ。
クラフト市の下見。
書店のよみきかせ。
クラフト市で珈琲と友人への贈り物と消しゴムはんこを購入。
ある保育園の夕涼み会へ出かけ、出し物を見学。
北欧の映画を観に行くも、日程が合わず、断念。
24時間テレビの「石ノ森章太郎」のドラマを見てから、zzzz・・・。

今日は「静」。
家族と外食のため、1時間出かけたが、あとは家にこもって、
先送りにしていたメールやFAXでのやり取り。
絵本紹介の原稿下書き。
新聞のスクラップ。
おやつをたべては、飲み物を飲み、だらだら過ごす。
今は「日曜美術館」でベラスケスの番組を見ている。
あとで、古本市で手にいれた『ベラスケスの十字の謎』を読もうと思う。

「動」の日があって、「静」の日があるのと
いつも適度にすることがあるのは、どっちがいいんだろう?
どっちが自分に合っているんだろう?わからん。

# by barnes_and_noble | 2018-08-26 20:17 | モノローグ | Comments(0)

ダメだ、将棋の駒を見ると・・・

『盤上の向日葵』柚月裕子著(中央公論社)を読み終えた。
読み応えがあった。
(将棋のルールを知っていたら、もっと深く物語に入り込めたかもしれないが。)
そして、切なかった。

前の職場の手伝いに行ったら、
小学校低学年の男の子たちが、将棋盤を前に将棋を始めるところだった。
見慣れた風景のはずなのに、
まずい!
この将棋の駒に、将棋盤にどんなドラマがあるやも知れず、という
思考回路に入ってしまって、正視できない。
しばらくはこの状況が続きそうである。

柚月裕子さんの講演会(9月1日)までに
もう1冊くらい作品を読んでおきたいが、時間はあるかな。

# by barnes_and_noble | 2018-08-23 20:36 | | Comments(0)

読むのをやめる勇気

開いてもなかなか読み進めないでいた『シズコさん』佐野洋子著(新潮社)。
今月の児童文学研究会の例会のテキストなので、
頑張って読もうとしたけれど、
58ページ目を開いた時に、
「もう読むのはやめよう。」と思った。

力不足なのか、読むのが大変。
内容は半分理解できるような、
だからこそ読んでいて切なすぎて、
段々悲しくなってきて、
今度の例会はパスだ!と思いついたら、
気が楽になった。

一昨日、読み終えた『あの家に暮らす4人の女』と
今、読んでいる『盤上の向日葵』とは趣が違いすぎた。
無理して読む必要はないよね。

話は変わり、今日は、少し調子に乗って、
布団や座布団にレイコップをかけまくったので、
気持ちよく寝られそう。


# by barnes_and_noble | 2018-08-17 23:37 | モノローグ | Comments(0)

何かがガ~!と進む日

昨日は、午前中、読書ボランティア研修会の仕事、
午後は児童センターの手伝いがあり、知らぬ間にzzzz・・・。

今日は、午前中に児童センターの手伝い、
昼は友人とランチ、
夕方、サトシンさんの絵本ライブに行った。

昨日も今日も参加することでいいことがあった。
昨日は、読書アドバイザークラブの支部に一人仲間を増やすことができたし、
今日は今日で、以前からの知り合いと意気投合し、
来週2回おはなし会を一緒にすることになった。

何かが進む時って、徐々にというより、
ガ~!といっぺんに進むものだ。
でも、何も成果のない日々の積み上げがそれをもたらしてくれるのかも。

今日、原稿を仕上げたら、
おはなし会のリスト作りの作業をする。
これは楽しそう。


# by barnes_and_noble | 2018-08-07 22:46 | | Comments(0)

雨の日曜日

朝からがっつり雨なので、
今日こそ部屋を片付けて、
夏用に買った本を読み始めたいと思う。

もし、順調にことが運んだら、
デパートにでも出かけて
前から狙っているワンピースが値下がりしていないか、
見てこよう。

# by barnes_and_noble | 2018-08-05 09:13 | モノローグ | Comments(0)

頑張りすぎたから昼寝

今日は実家の地区の可燃ゴミの収集日。
昨日、ごみ袋7袋まとめたので、
朝、庭の草取りをしてから、実家のゴミ出しをし、
そのまま、実家の片付けに取り掛かった。
2時間やってから、家に戻り、ゴミの仕分けをしたり、
実家のソファのクッションをクリーニングに出したり、
実家にあった衣類を洗濯したりしたら、
午後は知らないうちに昼寝していた。

朝から頑張ると、1日もたないということがわかった。
でも、明日は午後に仕事があるから、
やっぱり午前中に片付けにいかねば。

明後日は、家族の誰かを巻き込んで、複数の力を借りないと
前っ禅片付けが進まないんだけど。

# by barnes_and_noble | 2018-08-03 23:18 | モノローグ | Comments(0)

『人魚の眠る家』を読む

久しぶりに「本」を読もうという気持ちになり、
本当に久しぶりに「本」を読む環境を確保できたので、
ずっと読みたかった『人魚の眠る家』東野圭吾(幻冬舎)を開いた。
時間と暑さを忘れて、読み切ることができた。

自分の身にも降りかかるかもしれない事故、
脳死や臓器提供、
募金活動、
家族の形、
支援のあり方、
そして、秘密と暴露、
それらをめぐる葛藤や我が子を思う気持ちなど
色々な要素がきちんと描かれ、
終結に向かっている物語。

よい作品にめぐりあった、夏の夜。
読書欲がむくむく湧き始め、
積まれている本を1冊1冊読んでいこうと決心した。


# by barnes_and_noble | 2018-08-02 10:38 | | Comments(0)

実家の片付け

今日は、仕事が休み。
仕事が休みモードになってから、「この夏はゴミ屋敷の実家を片づけるぞ!」と
思ってはいたものの、
日々、何かある。
・前の職場の手伝い
・夜間の電話当番
・川下り
・「文学の國いわて」拝聴&お茶
・読書会&ランチ
・映画鑑賞
・母の施設に出す書類作り
・読書アドバイザークラブの広報の作業
・美術館と書店のよみきかせ&ワークショップ
・動いたあとには昼寝

・・・で、今日は1日フリー。
孫たちに朝ご飯を食べさせ、
「半分、青い」を一緒に見て、
保育園に送り出し、
母の施設に書類を出し、
メールチェックをし、
新発売の「蜜と雪」というアイスを食べ、
今に至るが、もう昼だ。

今日の実家の片付けは、一人だけなので、夕方2時間位することにして
ご飯食べたら、家計簿つけて、洗濯と自分の物の片付け
絵本についての原稿の中身を考えることにしよう。

思うに、実家の片付けは、早朝にした方が、いいなあ。


# by barnes_and_noble | 2018-07-31 11:26 | モノローグ | Comments(0)

無事、川下る

1年ぶりだったが、ゴムボート川下り大会、無事終了。
相方の新しいボートに慣れるまで少し時間がかかり、
相方がボートから転落するという事態もあったが、
楽しく、ゼイゼイすることもなく、ゴール!

照りすぎず、たまに小雨がパラパラという天気だったのも幸いした。

難所と言われる北ホールと明治橋の下では、流れに抗うことなく、
ボートに横になり、通過するのを待つ作戦に出たが、
アンデルセンの「すずのへいたい」が川を流れるのもこんな感じだったのかな、とか
木の葉が波にもまれるって、こんなふうかな、とか空想して
そういうことを空想したことがなかったので、
新鮮な感じがした。

1年に1回、七夕様みたいにこの日にしか会わないチームだが、
合わない間の報告をしていると、
人それぞれにいろんなことがあり、それでも人生は続いていくんだなと思う。

1時間を切ろうといつも思っているが、今回は1時間と26秒。
もう少しガシガシ漕いでいれば・・・とも思うが、
ともあれ、私の夏の風物詩が一つ終わった。

# by barnes_and_noble | 2018-07-30 09:51 | 旅行 | Comments(0)

妄想の計画表

夏休みが近づいて、子どもは夏休み帳やノートや計画表が配られる季節。
長い休みがあって、計画表が目の前にあったら、
夢いっぱいというか、妄想だらけの計画を書き込んでみたい。
時間がないのよ、お金もないのよ、ということは置いておいて、
やりたいことだけを書き込む。
お米研がなきゃ、ゴミ出さなきゃ、ということは考えずに、
誰かにやってもらおうと鼻歌を歌う。

「妄想の計画表」の中身を妄想するだけで
なんか、嬉しくなってきたけれど
もう少し涼しくなったら、
サマージャンボミニでも買いに行こうかという気になってきた。







# by barnes_and_noble | 2018-07-24 14:51 | モノローグ | Comments(0)

北上川 川下りボート大会まであと6日

去年はエントリーしていたけれど、
前日の雨量が大量だったため、大会が中止になった。
一昨年は、どうしても都合がつかず、
泣く泣く参加をあきらめた。

そして、今年。
代表が参加申し込みを忘れたので、残念!
と思っていたら、追加募集があったので、
参加できることになった。

しかし、ブランク2年。
無事ゴールできるか、少し心配である。
漕ぎ方を忘れていないか、あやしい。

ただ、このイベントが私に「夏」を実感させてくれるものだということは
間違いない.
あと6日。とにかく、ベストな体調で臨めるように気をつけよう。


# by barnes_and_noble | 2018-07-23 16:52 | モノローグ | Comments(0)

おしゃれとは?

最近見かける、ブラウスの前の一部だけをパンツやスカートに入れ、
残りは出しっぱなしという着方。
新たに服を購入する予定がないので、
悩む必要もないのだけれど、
みな、素敵だと思って着ているのかな?
私にはよくわからない着方である。

今日、美術館のフェスティバルで久しぶりに会った
私の中での「おしゃれ番長」は、
髪をスモークグリーンにさっと染め、
カーキ色の短パンがかっこよかった。

私は何年かぶりにダークグリーンの地に
バラを散りばめた袖なしワンピースを着て、出かけた。
「よ市」で高校時代の友人に出くわしたが、
そのワンピースを着ていて助かった。

たかが、着る物、されど、着るもの。

# by barnes_and_noble | 2018-07-21 21:47 | モノローグ | Comments(0)

今期のドラマ

「半分、青い!」の他に、
7月スタートのドラマの中で続けてみるドラマ決定!
『グッド・ドクター』『高嶺の花』『チア・ダン』。
取り敢えずこの3本が自分に合っていそう。

小説と違って、少しずつ話が展開していくのがドラマの面白いところ。

いつも行っている美容院の先生も同じものを見ていれば、
話が弾むこと、間違いなし。

# by barnes_and_noble | 2018-07-20 23:20 | 映画・ドラマ | Comments(0)

ざっくり家計簿

4月から懸案事項だったことの一つ、
1年間の生活に一体いくらくらいかかるのかを知るための
ざっくり家計簿をつけ始めた。

ついでに自分の小遣い帳もつけ始めてみた。
本(もう今月4冊)とおやつと駐車料金ばっかりかかっている。

家計簿も小遣い帳も3日坊主にならないように心したい。

# by barnes_and_noble | 2018-07-18 10:45 | モノローグ | Comments(0)

きっぱり宣言されたい

古本市の準備をしていた時、
自分のもとに残す本以外の本について
買ってくれる人がいるのか、
古紙に出した方がいいのか、
色々考えた。

結局、意外な本が売れたり、
売れるかもと思っていた本が売れ残ったりした。
残った本のうち、古紙に出そうかどうか迷った本を
蔦屋に持ち込んでみた。
すると、買い取りは出来ないとのこと。
ある程度、予想はしていたので、きっぱり宣言されて、すっきりした。

迷って持っているより、きっぱり宣言されて、手放した方がいい。
自分で決められなかったのだから、他からの判断に背中を押されて、決心。
本を古紙に出してできた本棚の隙間には
もう入る本が出番を待っているので、一向に本は減らないが。


# by barnes_and_noble | 2018-07-17 16:13 | モノローグ | Comments(0)

『彼女の家出』と『フランス人は10着しか服を持たない』

ここ1週間のうちに読んだ本。
前者は日本人、後者はアメリカ人が書いた本だが、
どちらも読み進めるうちに、これからどんな風に生きていくと素敵なのだろうか
・・・と考えさせられた。
考えたら、ちょっと疲れた。

明日は本のことは考えずに、1日過ごそう!と思ったが、
朝一で、中学校のよみきかせがあることを忘れていた。
練習してから、ほぼ日手帳の空欄を埋めてから、寝よう。


# by barnes_and_noble | 2018-07-12 21:28 | | Comments(0)

幸せの1歩手前で

いつも後退してしまう。
いつになったら、望む幸せが手に入るのか。
幸せになろうとしてはいけないのか。
悩みは尽きない。


# by barnes_and_noble | 2018-07-11 20:54 | モノローグ | Comments(0)

これからの人生で要る本なのか?

初めて古本市に参加した。
持って行く本は3箱。
何を持って行くのか、選ぶ作業をしているうちに、
あんなにとっておきたいと思っていた本が、
今では自分の中で輝かないという現実を突きつけられ、
自分でも驚いた。

少しだけ隙間のできた本棚には
これからの人生で要る本だけを大事に並べていきたい。
そして、蔵書の見直しは定期的にした方がいいなと
思った次第。

持って行った本は少し売れ、
出店料を差し引いても、他のブースから本を買ってもおつりが来て、
店じまいのあとは、お茶しながら反省会。
次回も出店したいということで、意見がまとまった。
めでたし、めでたし。

# by barnes_and_noble | 2018-07-08 22:38 | | Comments(0)

本の断捨離

夏のちいさなおはなし会を終え、
都合のつく仲間でランチ。
その後、明日の古本市のための下見に行った。

明日は4人でいざ、古本市へ!
言い出しっぺは私だが、一番出せる本は少ないみたい。
出店料が相殺されれば、いいや。
いや、できれば、売上金でほかの出店者から本を買いたいけど。

ちょっとワクワク。
ちょっと心配。

# by barnes_and_noble | 2018-07-07 20:37 | | Comments(0)

プライドがない?!

2kg太って、スラックスが入らなくなったという同僚が
夏用のスラックスを5本譲ってくれた。
これがまた、私にぴったりで、ありがたいことこの上ない。
もう今日から履かせてもらっている。

偶然、朝のドラマ「半分、青い」で
ボクテと裕子が主人公の鈴愛に
「よかった、鈴愛にプライドがなくて」
「屈託なく、貰ってくれて」
というシーンがあり、これはまさに私のことだ!
そうか、私にはプライドがないのか!そうか、そうかと
勝手に納得してしまった。

それはそうと、2kg太ると、折角手に入ったスラックスが入らなくなるということ。
要注意!

# by barnes_and_noble | 2018-07-06 14:59 | モノローグ | Comments(0)

2018年折り返し

1年で2冊に分冊されている「ほぼ日手帳」を入れ替えた。
2018年も半分過ぎてしまったのか・・・早い!
でも、思うに、1年の折り返し地点で、手帳の入れ替えがあるのは、いい。
また、「平凡な日々」でも1日1日大事にしようという気持ちになる。

上半期の反省をもとに、
下半期は先送りをしないように心掛けて過ごそうと思っている。



# by barnes_and_noble | 2018-07-02 14:19 | モノローグ | Comments(0)

ゆっくり時間を使う

午前中は読書会で、『ハーレムの闘う本屋』について参会者の意見や見解を聞く。
私は読むのにとても苦労して、感想すらまとまらなかったのだが、
色々な人の多様な考えを聞くのは、勉強になった。

その後、「夏の小さなおはなし会」の準備に小1時間。
私の 担当の「小さな子のおはなし」は『お月さまってどんなあじ?』は
市内の小学校のボランティアグループから借りた道具を使って、みなで作り上げる。

その後、遅いランチ。
読書会後のランチは本以外のことも話せて、私の好きな時間である。

その後、『羊と鋼の森』を観に行く。
周りに気兼ねしなくて済む席でじっくりと。
全体的にしっとりしていた。
ピアノの曲を聴きたくなった。

自分のことだけでゆっくり時間を使った雨の1日。
明日は11時間労働、頑張ろう!

# by barnes_and_noble | 2018-06-27 23:14 | 映画・ドラマ | Comments(0)