ミュシャ展で会いましょう!

送別会の日に4月29日に再会することを約束していた元同僚。
その日には県立美術館で、ブリジストン美術館の館長さんの講演がある日だったから。
昼前に美術館のレストランで待ち合わせ。
近況を報告し合って、ミュシャ展メニューを食べてから、
ミュシャの作品を鑑賞。
途中に1時間半に渡る講演を聞いた後で、また続きを鑑賞。
結局5時間も美術館にいたことになる。

講演でミュシャの生涯や作品について知ることで、
ただきれいだと思っていた作品がよりいっそう興味深いものになった。

趣味で集めている栞とチケット用クリアファイルを記念に。
ミュシャ展で会いましょう!_a0025572_2325063.jpg

  
by barnes_and_noble | 2010-05-02 23:35 | モノローグ | Comments(6)
Commented by weekendbooks at 2010-05-04 01:51
高校生の頃に大好きで、
アールヌーヴォー風の絵を一生懸命まねて描いたりしてました。
(もちろん遠く及ばなかったけど…)
華麗な絵柄と裏腹に、
愛国心の強い人だったとも聞きました。
すばらしい展覧会だったことでしょう。
ミュシャ展メニュー、気になる~。
Commented by barnes_and_noble at 2010-05-04 21:45
>weekendbooksさん、講演で知ったのですが、祖国の独立を願い、パリから祖国に戻り、市庁舎の装飾も無償でと申し出たそうです。メニューは東欧風オードブル、チェコ風スープ、ローストビーフと春の野菜岩手路、桜の香りのバニラアイスとウエハースでした。
Commented by riviere7341 at 2010-05-04 22:46
私も来週職場の方々と行く予定なんですよ
もちろんランチ込みで♪
Commented by barnes_and_noble at 2010-05-04 23:24
>riviereさん、ミュシャ展、来週でおしまいですものね。ランチごと楽しんで来てください。
Commented by amamori120 at 2010-05-05 23:32
ミュシャ  記事が見つかったらT.Bを。
Commented by barnes_and_noble at 2010-05-06 19:40
>amamoriさん、T.B.ありがとうございました。時間が許せば美術館というところはずっといて遊びたい(?)ところです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 山の上のりんごカフェ 一服、いかが? >>