擦り傷はいいよ、でも、切り傷は苦手・・・

ホチキスの針に指をひっかけ、1、5cm程の切り傷ができた。
とっても浅い切り傷なのだが、実は、私は、切り傷が大の苦手。
自分のはもちろんのこと、他の人の傷も見るだけで、背筋がざわっとする。

擦り傷は平気。かさぶたができてくるのを心待ちにさえしている。
かさぶたに、「ばい菌と戦って、頑張ったね。」と声がけすらしてしまう。
固まったかさぶたを上手にはがした時など、大得意である。

でも、切り傷って、しみるし、何気なく、
なんとなく治るっていうのが、ちょっとひっかかる。
傷を治すための働きが、目に見えないのが、つまらない。
その上、お風呂に入ったときや、ご飯を作るときなど、
妙に、自分の存在を主張するところも気に食わない。

まあ、切り傷の方も、別に私に気に入られたいとは思っていないと思うが・・・。
普段は大口をたたいている私であるが、切り傷には、全く頭が上がらず、
傷を見たくないので、ミニーちゃんの絆創膏をはりつけるという
小心者の行為に及んだ。情けない・・・。
by barnes_and_noble | 2004-10-01 23:55 | モノローグ | Comments(2)
Commented by my-shop at 2004-10-03 17:26
切り傷って、ふさがったと思ってるとまた開いちゃったりするから困るんですよね…どうぞ早く治りますように!
Commented by barnes_and_noble at 2004-10-03 20:49
もうほとんど治っていると思われるのですが、
絆創膏を貼っています。
今日は、ミッキーのです(最後の1枚だ!)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 「パーカーを届けて!」「アイ・... 睡眠不足は、やっぱりお肌と仕事の敵 >>