大海原にて〜始まりは・・・

今までは手の届かないところにあった「豪華客船での旅」。
a0025572_2183930.jpg
それを現実のものにしてくれたのは、ここ。
釜石までのシャトルバスの車窓からパチリ。
これからの人生、IATに足を向けては寝られない。

さて、稲穂の実る遠野を経由して、いざ釜石港へ。
船の出発というのは、趣深い。
見送る人と船上の人を結ぶ色とりどりの紙テープ、
振られる手と大漁旗、汽笛、潮風の中のシャンパン。

誰も知り合いのいない私と違って、
父親は何人かと顔見知りらしく、挨拶を交わしている。
年の功か。



a0025572_21313490.jpga0025572_21322275.jpg
出航後は、全員ショーを見る劇場に集められ、オリエンテーションを受ける。
受けている間に、父の「自分が仕事で携わった湾口防波堤を外海から見る」という楽しみは
過ぎ去っていたが、帰航の際に望みをかける。
そうこうしているうちに、ランチの時間。朝早かったので、お腹はぺこぺこ。食べるぞ〜!
by barnes_and_noble | 2010-09-26 21:46 | 旅行 | Comments(7)
Commented by amamori120 at 2010-09-26 22:48
いよいよですね♪
続きを早くっ!   ww
Commented by bet365 at 2010-09-27 21:29 x
hi!This was a really quality theme!
I come from china, I was luck to discover your blog in yahoo
Also I obtain much in your theme really thanks very much i will come daily
Commented by ckaede at 2010-09-27 22:34
テープの写真、きれいですね。
わたしも一度紙テープの端っこを持ってみたいです。
陸地側でいいから。
小説かなんかで読んだんだと思うんですが、「テープが切れてしまうのが切なくなってそっとテープから手を離した」みたいな描写があって、そのときから憧れています。
Commented by barnes_and_noble at 2010-09-28 20:36
>amamoriさん、この紀行文、始まったはいいが、すぐ終わってしまうと思います(笑)。だって、段々に写真を撮る間も惜しく、船内を歩き回り、楽しんでしまったので。でも、忘れる前に記事をアップして行こうと思います。
Commented by barnes_and_noble at 2010-09-28 20:39
>kaedeさん、今は紙テープも蛍光色があり、とっても華やかできれいです。その色が撮れていないのが、残念。出航の時のテープほど、人を長くつなぎ止め、分かれがたくするものはないと思います。切なくなるというのがわかるような気がします。
Commented by kawasoramama at 2010-09-28 21:34
お帰りなさいませ
barnesさん(←この呼び方で良いでしょうか?図々しかったらゴメンなさい)のblogを、すっかり初めから読んでいたら、今頃のコメントになってしまいました。
何ていうか、本当にお隣さんのような気分です!!
しかも行動範囲が似ているというか、ニアミスしていると思います。
こないだも、映画館で「barnesさんは、こんな感じの人かな?」とキョロキョロ不審者もどきになってしまいましたが、その時は船上の方だったようです(^艸^)
大海原のレポート楽しみに、また遊びに来ます!!
Commented by barnes_and_noble at 2010-09-30 18:40
>kawasoramamaさん、どうぞbarnesとお呼び下さい。私のブログをすっかり読むのに、どれだけかかったでしょうか?その我慢強さ、見習いたいと思います(笑)。今度,映画館で不審者もどきの人を探そうと思います。そんな私を見かけたら、是非、声をかけてください。これからもどうぞよろしく♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 大海原にて〜ASUKA DAILY いざ、大海原へ!(あと二日) >>