対オマーン戦での光と影

日本、勝利おめでとう!ハラハラしながら応援していました。

が、試合を見て、目を奪われたもの・・・それは選手の影。
ナイター設備でグランドを照らしているため、選手の体を中心に、
4本の細い影が選手と一緒に走っているように見える。

影の部分ができないように、光を当てる。
でも、光の反対側には必ず物の影が映る。
その影を消そうと、光を当てる。
また、その反対側に影が映る。
影を消そうとして、影の数ふえてるんですけど。

これが、サッカーの試合じゃなくて、影ふみごっこだったら、
対オマーン戦より熾烈な戦いが繰り広げられるのでは・・・
などと不謹慎極まりないことを考えていたのは、日本中で私くらいだと思う。
すみません。
by barnes_and_noble | 2004-10-14 21:09 | モノローグ | Comments(2)
Commented by memory24 at 2004-10-14 23:48
barnes_and_nobleさん

こんばんは。いつも一番手にご覧いただいた上にコメントも
入れてくださり、あろがとうございました。
この間,ご相談した映画の件ですが、「ヴァン・ヘルシング」
を明日、友人4人で見にいくことにしました。
それぞれが仕事持ちなので、なかんかスケジュールが合い
ません。このところPCの仕事ばかりしていますので
少し、リフレシュしてきます。

うんうん「影」の表現、なかなかおもしろく読ませていただき
ました。barnes_and_nobleさんの文章って,詩のような
流れがあって、なんか心に残ってしまいます。

その点、私なって「くそ真面目」でなかなかおもしろおかしく
書けないで悩みます。
Commented by barnes_and_noble at 2004-10-15 19:20
今頃、リフレッシュしているところでしょうか。
私もリフレッシュしたくなってしまいました(ないものねだり)。
memory24さんの整理整頓された頭脳もうらやましい。
これも、ないものねだり。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< しーっ、お隣さんのサボテンが・・・ とんだ「秋の童話」 >>