しーっ、お隣さんのサボテンが・・・

しーっ、お隣さんのサボテンが・・・_a0025572_2130542.jpgしーっ、お隣さんのサボテンが・・・_a0025572_21311653.jpgお隣さんは、今日は、お出かけみたいで、
まだ帰っていない様子。
ただいま、お隣さんのサボテンが
開花中なんだけど。

このサボテンの鉢は、我が家とお隣さんの
家の間の通路に置いてある。
玄関には、今、盛りの花の鉢が置いてあり、
この通路は、時期を過ぎた花の鉢置き場。
日も当たらない所だから、このサボテンは、いわば日陰の身。

今日、たまたま台所の入り口を開けたら、真っ赤なつぼみ発見。
気になって、何回か見ているうちに、花が開いてきたではないか!

日陰の身のわりには派手なサボテン、日陰の身のままで終わってしまうのか〜。
ご主人様に知られないままで、枯れていくのか〜。

ならば、隣の住人である私が、その開花を見届けようではないか。
懐中電灯で花を照らして、隣の家の壁に迫って、激写。
裏の家の人が見たら、とっても怪しい構図である。
・・・が、お隣さんにこの写真を見せたら、きっと驚き、喜んでくれるに違いない。

このサボテンからの教訓
     1 日陰の身であっても、派手な物は人の目につく。
     2 1夜限定というように時間が限られているものは、人の気を引く。

近所の人たちに、怪しまれないように、しーっ、と言いながら
しばらくはサボテンを鑑賞することにしよう。
by barnes_and_noble | 2004-10-15 22:00 | モノローグ | Comments(6)
Commented by caferoom at 2004-10-15 23:50
あ~、その怪しさになんとなく惹かれますね~
お隣りさんのことなのに、お隣さん自身もまだ知らないこの事実。

しかし、サボテンの花って一夜限定なんですか(知りませんでした(^^;ゞ)
そういえば、「サボテンの花」って歌もありましたね。
一夜で無くなる儚さも、歌詞に込められていたのかも。
Commented by memory24 at 2004-10-16 07:28 x
barnes_and_nobleさんへ

おはようございます。昨日、友人と「ヴァン・ヘルシング」
見てきました。とても疲れました。「ドラキュラ伯爵と
ガブリエル」の話なのですが、荒唐無稽すぎて、
心に響いてきませんでした。ちょっと外れ。

サボテンの花って、妖しいほどに美しく生命が短いですよね。
愛に恵まれない美しい女性主人公を連想させれます。
あるいは、華麗な「夜の蝶」を。

barnes_and_nobleさんのやさしい感性に思わず
引き込まれてしまいました。

今日は、午後から個人授業の依頼が入ってしまったので
「ミヒの影の国 Part.3」の投稿ができません。
明日になりそうです。
これから、授業の準備をします。

          memory24
Commented by my-shop at 2004-10-16 14:46
開花のときを見届けちゃうなんて、絶妙なタイミングでしたね~♪
感激ものですよ、もう。
Commented by barnes_and_noble at 2004-10-16 22:16
>caferoomさん、「サボテンの花」の歌詞、深い読みですね。
妙に納得。それはそうと、今晩もお隣さん、お留守です。
旅行にでも行っちゃったかな?
Commented by barnes_and_noble at 2004-10-16 22:19
>memory24さん、早朝から授業の準備、おつかれさまです。
サボテンから、女主人公を発想するあたり、さすがです。
授業も投稿も頑張ってね〜。
Commented by barnes_and_noble at 2004-10-16 22:31
>my-shopさん、絶頂期を運良く見る事ができた点において、
満足しております(超固いコメントになっちゃった)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 選んだ鍵のキー・ポイントは? 対オマーン戦での光と影 >>