一番近い女?!

レッドカーペットのイベントも終わり、いよいよ舞台挨拶&試写会。
改めて映画館のチケットを見ると、なんと座席がB−9であることに気付く。
1列目は誰も座らないから、実質最前列の中央。
この時、私はスクリーン6の中で「一番ジョニー・デップに近い女」であった!

奇抜な役が多いジョニー・デップだが、スーツを着ると、がっしりタイプで
日本でいうと、香川照之といった感じかな。
指にはパイレーツ・オブ・カリビアン風のでっかい指輪が二つ輝き、
挨拶のたびに前歯と奥歯の金歯が輝いていた。
海賊風に金歯にしたとは聞いていたけど、こんなにキランキランの金歯とは!
でも「ツーリスト」の中では白い歯だったので、ほっとした。
挨拶が終わり、会場を去るとき、最前列の私たちには握手をしてくれたジョニー・デップの手。
とっても普通の手だったのが、逆に、印象的だった。

さて、映画「ツーリスト」の内容だが、最後まで目が離せない展開で、
最後の最後に「そうだったの?!」と驚かされた。
アンジェリーナ・ジョリーはスタイル抜群で、唇が魅力的。
舞台がベネチアなので、景色がとっても美しかった。
普通の役を演じるジョニー・デップが好ましかった。

さて、友人共々、予期せぬ出来事に興奮しながら、テレビのインタビューに応える。
インタビューは恐ろしく寒い、野外。
寒さの中、興奮に震えてるって、もう、何がなんだかわからない。
オンエアが恐ろしい私である(心配しなくてもたくさんカットされるに違いないが)。

翌朝、ニュースでジョニー・デップが映るたび、昨晩のことを思い出して
すばらしい経験だったなあと、記憶を確かめる。
チャンスを与えてくれた人達、さまざまな偶然に感謝!
by barnes_and_noble | 2011-03-09 23:19 | 旅行 | Comments(2)
Commented by senses-revival at 2011-03-13 20:14
お久しぶりです^^
最近映画館にあまり行ってませんが、この映画も気になっています。
ナント最前列でジョニー・デップに!?そして握手までとは~すごいですね。
思い出深い映画となりましたね^^
繰り上げ当選だったということで、行けなくなった方には申し訳ないほどラッキーでしたよね!!
Commented by barnes_and_noble at 2011-03-15 21:15
>sensesさん、特撮も何もなく、オーソドックスな映画で、列車の風景やベネチアの風景が楽しめます。私の方は今度、映画を見られるのはいつになるかわかりませんが、sensesさん
見て楽しんで下さい。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< BARNES、我に返るの巻 「ツーリスト」ジャパンプレミア >>