そういうタイミング

今、BSフジで「豪華客船 飛鳥Ⅱ 世界一周クルーズ 優雅な地球紀行」を見ている。
船内の様子が映るにつけ、私の人生で一番優雅だった3日間を思い出す。
世界一周じゃなくて残念だったとか、
救命ボートのそばの一番ランクの低い部屋で残念だったなんて、全然思わない。
「飛鳥Ⅱ」で時間を過ごせたことが大事。
そして、釜石から乗船し、下船したことが大事。
あれから半年しかたっていないことが夢のよう。去年乗船できたことが偶然。
今後しばらくは「飛鳥Ⅱ」が三陸を通過することはないだろう。

「ツーリスト」のジャパンプレミアム、いせひでこ展、TDSの「タートル・トーク」、
東日本大震災のちょうど1週間前のできごと。

いろいろな偶然が重なって、タイミングに生かされている。
今日は、今年度の仕事のオファーをいただき、手続きをしてきた。
早々と今年度の仕事が決まった友人達もいて焦ったけど、
私にとっては、こういうタイミングだったのだ。
オファーがあったことに感謝して、頑張ろう!

などと打っているうちに、飛鳥Ⅱはシンガポールに到着。来週もこの番組、見よっと。
by barnes_and_noble | 2011-04-05 23:03 | 旅行 | Comments(2)
Commented by ckmusic at 2011-04-11 13:38
お仕事決まってよかったですね♪ワタシも今年は勤務時間を増やして稼がねば・・・大学生二人は・・・たいへんだぁ。
でももっともっともっと大変な人たちがたくさんいることも忘れずに心を向けて生活していかねば!ですね。
Commented by barnes_and_noble at 2011-04-11 19:17
>ckmusicさん、おかげさまで、先週の木曜日から出勤させていただいてます。大変な方達がほんとにたくさんいらっしゃるので、仕事があること、普通に生活できることに感謝しています。・・・が!フルタイムの仕事は体力勝負。もう若くはない自分に鞭打って、頑張りまっす!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 雑多な読書〜3月編〜 BARNES、アナログな世界に... >>