BARNES、絵本の世界にどっぷり浸る、の巻

土曜日に「絵本講師」の講座の第1回目の講習会に参加してきた。
さまざまな年齢の、いろいろな立場の、絵本が好きな人たちが集まり、
要は「1日中、大好きな絵本のことを考え、気の合う人達と時間を過ごした」ってこと。
砂漠のように乾いた心に、恵みの雨が降って来たような感じ。

a0025572_22304599.jpga0025572_2231299.jpg
日曜日には世田谷文学館の「世界中で愛されるリンドグレーンの絵本」展へ。
スウェーデンの作家、リンドグレーンの代表作は
「長くつしたのピッピ」や「やかまし村」シリーズや「ロッタちゃん」シリーズ。
絵本原画やスケッチ、何人もの画家によるピッピの挿絵の比較に興味津々。
またまたリンドグレーンの作品を是非読み直して、挿絵も味わいたいものだと思った。
最近、自分のための買い物は1575円に抑えていたが、禁を破り、
図録やクリアファイルや絵はがきやペンケースを購入。写真は買い物の一部。
絵本に浸った感動を忘れたくないから、と自分に言い訳をする、情けない私である。
by barnes_and_noble | 2011-05-24 22:48 | | Comments(2)
Commented by リーサ at 2011-05-25 21:06 x
青いのが「やかまし村」ですね、いいな〜。
クリアファイルですか?
Commented by barnes_and_noble at 2011-05-25 22:48
>リーサさん、そうです。最近はミニクリアファイルやチケットホルダーなどもあって、選ぶのが大変でした。「やかまし村」のはしばらく眺めて楽しんだあと、絵本関係に使いたいと思っています。ほんとうにすてきな展覧会でしたよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< まさかのインフル 出かける前はいつも >>