今年も夏が始まった

夏といえば恒例の「北上川ゴムボート川下り大会」!
今年も参加するために、昨日の東京での絵本講座後は寄り道せずに新幹線に乗る。

a0025572_22475375.jpg毎年何か起こるこの大会。
去年、2度もボートから放り出されたのは記憶に新しい。
オールを流してしまったり、
オールが壊れてしまったり、
橋脚にぶつかるのを避けようとして転覆したり、
しょっていたナップザックを流してしまったりと
完璧だったためしがない。

今年はというと、ボートのバルブから空気が漏れて、かちかち山の泥の船状態になってしまった。
このままずぶずぶと沈没するのかと思いきや、救世主が!
なんと途中に空気を入れ直せる地点があり、そこでボートをよみがえらせることができた。
よみがえったボートで、快調に漕ぎ始めたが、時既に遅し。
ゴールするまで1時間20分もかかってる。
そんな私たちに「目標にして漕いだけど、追いつきませんでした〜」と話しかけてくるチームが。
とっても肩身狭いんですけど〜。

ま、泥の船状態だったことを思えば、ゴールできたことが奇跡的。
今回もまたアクシデントがあったけれど、ゴール後の焼きそばはとってもおいしかったし、
疲れた体に風が気持ちよかったし、夏のいい1日が過ごせたなあ。
これが終わると、いよいよ夏が始まるって感じがする。
by barnes_and_noble | 2011-07-24 23:24 | モノローグ | Comments(4)
Commented by kawasoramama at 2011-07-26 00:26
良い天気で「川下り日和」でしたね!!
参加したpapaからは、バスに乗るのにブツブツ
出発地点についたら、急いでくださ~いってブツブツ
と何だか文句ばかりでした(≧~≦)
でも、一番文句を言いたいのは、何も楽しめずに準備と片付けさせられる私なんだけどな…と思ってしまいます。
Commented by barnes_and_noble at 2011-07-26 06:18
>kawasoramamaさん、papaさんが参加されたのですね。確かに例年と違って、バスの待ち時間が半端なく、ダムに着いて、25分でスタートという恐ろしさでしたから。私は女性ペアで、準備も片付けも自分たちでやりました。次回はpapaさんにも自分で片付けてもらうことをおすすめします(笑)。
Commented by norlie at 2011-07-26 22:05
ボートが、カチカチ山の泥の船!!
しかも、ボートから投げ出されたり、転覆したりした経験も!?
barnesさん、とてもとてもアクティブですね!!
すごいですー!

こうも暑いと、川に落ちるのは気持ち良さそうとも思ってしまいますが、実際は流れもあって怖そう…。
でも、泥の船状態から持ち直してゴールできたなんてすごいです!
空気を入れ直せる地点があるということは、わりとそういうことがあるのかもしれませんね!すごい!
Commented by barnes_and_noble at 2011-07-29 00:52
>norlieさん、どっちかというと、インドア派なのですが、恒例の川下りは私にとって夏の風物詩ですから、はずせません。空気の入れ直し箇所は去年まではなかったと思われます。今年から設置されて、助かりました。川面を進むのは、探検隊になったみたいで、楽しいですよ。でも、日焼けがねえ・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 嵐の余韻 号外と美酒 >>