『醜いアヒルの子』と『白鳥の王子』

やっと日が暮れる前に帰宅できたので、近くの公園に寄ってみた。
だいぶ飛び立っていったようで、池に残っている白鳥は4、50羽ほど。
その中に色の違う白鳥が数羽。『醜いアヒルの子』だ。
この子達もあと2週間もすれば、飛び立っていくんだね(ちょっと親から目線)。

そして、白鳥がかぎになって飛び立つ姿を見ると、思い出すのは『白鳥の王子』。
ひょっとして、この池の白鳥の中に、悪い妃に魔法をかけられた王子さま達がいたりして。
・・・と、しばしアンデルセンの世界に浸るひとときであった。
『醜いアヒルの子』と『白鳥の王子』_a0025572_1812773.jpg

『醜いアヒルの子』と『白鳥の王子』_a0025572_180799.jpg

by barnes_and_noble | 2012-03-16 18:05 | モノローグ | Comments(2)
Commented by norlie at 2012-03-25 13:07
こんにちは!白鳥、たくさん飛来していますね〜!
第一陣が飛び立った後でもこんなにたくさん。

私の地元は、近年、鳥インフルエンザ対策で白鳥への餌やりが禁止されてしまって、それ以来白鳥が少しずつ来なくなっていて、ちょっと寂しく思っていました。
ですので、とても羨ましいです。

この中に白鳥の王子様がいるのかも、と思って見ると、なんだか少しわくわくしますね。
白鳥の鳴き声が恋しいです。綺麗な鳴き声じゃないけど、冬も元気だなーって感じがして(笑)
Commented by barnes_and_noble at 2012-03-27 16:57
>norlieさん、こちらでも白鳥への餌やりは禁止になっています。でも、もともとはこの池の中のものを食べて生活していたんだから、もとに戻るってことですよね。まだまだ雪がちらつく日々なので、白鳥はいます。
白鳥の鳴き声は存在感がありますよね。カラスっぽい?!のんびり白鳥を観るゆとりもなかったけれど、改めてゆっくり観ると、なんだかいろいろな物語が浮かんできました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 『マトリョーシカ』と『パディントン』 大野智×奈良美智の『美術手帖』 >>