期待を裏切らない人

ここぞ!という時に、自分の持てる力を出し切ってみせてくれる人に憧れる。
フィギアスケートの高橋大輔と、平泳ぎの北島康介。
どの大会でも調子がいいというわけではなく、怪我をしたり、タイムが伸びなかったり、
つまり山あり谷ありなのだけれど、
高橋大輔は、今シーズンの集大成、世界フィギアスケート選手権でノーミスで2位、
北島康介は、今日の、ロンドン五輪出場をかけた日本選手権で1位通過。

やる時は、やる。
本人達にしてみれば、当たり前のことかもしれないが、
力を発揮しなければならない場面(スケートなら4分、水泳なら1分)に
照準を合わせることほど、難しいことはない。
どれだけの努力、どれだけの葛藤、どれだけの時間が費やされているか、想像もつかない。
だからこそ、彼らが滑っている時、泳いでいる時、私は、祈るような気持ちで応援する。
そして、その期待を彼らは裏切らない。

とうてい及ばないが、何かに照準を合わせて全力を尽くす時間があってもいいのではないか、
と、2人の活躍を見て思ったりした。
by barnes_and_noble | 2012-04-03 23:40 | モノローグ | Comments(2)
Commented by cafe-my27 at 2012-04-06 14:53
高橋の大ちゃんにしても、北島の康介クンにしても、結果をだしているところがすごいな、と思います。プロだな、と。
若い人に見習うべきところ、沢山ありますよね。
根性が欠如しているという問題点はありますけど…(笑)
Commented by barnes_and_noble at 2012-04-08 19:25
>cafe-my27さん、そうですよね。今回は最近のスポーツ界というくくりでアップしましたが(付け加えると、体操の内村航平選手も。今日、優勝してましたから)、やはり、私の中で「やる時は、やる!」といえば、大野くんです!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< お初の「ペンキ塗りたて」 『盛岡の喫茶店』を巡る >>