諦めたら、スッキリした

本を読むのは大好きだが、最近、読み始めたのに、なかなか読み進めない本にぶち当たり、
悩んでいた。
今月の読書会で取り上げられる本だから、
読書会のメンバーはみんな読んでるはずで、
読み終えられないのは、私だけ?

悶々として、時間が空くと、本を開こうと努力した。
でも、全然文章が頭に入ってこない。
そういう自分にイラつく。

でも、ふと、この本は読むの、諦めよ、と閃いたのだ。
だって、趣味なんだし、読破しなくても死ぬわけじゃないし。
そしたら、すごく気が楽になって、もっと早く気がつけばよかったと思った。
・・・というわけで、私は「ある家族の会話」(ナタリア・ギンズブルグ著/須賀敦子訳)を
諦めたので、読書会は欠席します、悪しからず(って、ここで業務連絡?!)

さてさて、スッキリしたところで、次の「悶々」は嵐のLIVEで踊るダンス。
おばさんだけど、可愛くダンスできたら、とっても楽しいよね、きっと。
by barnes_and_noble | 2013-11-07 00:15 | モノローグ | Comments(6)
Commented by amamori120 at 2013-11-08 00:53
こんばんHA

この頃よく読む植草甚一サンですが、 やはり 『落ちる』と表現して
中断することも多かったやうです ww
Commented by norlie at 2013-11-09 17:02
こんにちは。
気持ちわかります〜。

> でも、ふと、この本は読むの、諦めよ、と閃いたのだ。
> だって、趣味なんだし、読破しなくても死ぬわけじゃないし。

ここ、あまりに的確に気持ちがシンクロして笑ってしまいました。
言い得て妙だ〜って。

私もたまになんですが、なかなか読み進まない本があります。
文章が頭に入らないんですよね、すごくわかります!
でもそれを、「やーめよ!」ってしたときの、言いようのない開放感と爽快感。覚えがあります(笑)

そういうときも、ありますよね!
Commented by ainame62 at 2013-11-10 19:24 x
ひさびさののぞき見だよ。相変わらずのご様子で安心。私の方はと言えば釣りにも行けず。もんもんと嫌な上司の顔を見ながら仕事してますよ。今どこにいるのかわかんないけど、たぶん岩洞湖かなんかで釣れない人見たらやさしくしとくよ。
なにごとも前向きな諦めが肝心。小さなことにくよくよしたって始まらん。小市民万歳ってこんなときかなあ
Commented by barnes_and_noble at 2013-11-19 22:55
>amamoriさん、そうすると、私も「落ちた」わけですね?作家でもそういうこと、あるのなら、庶民の私が読むのに挫折してもいいか・・・な?
Commented by barnes_and_noble at 2013-11-19 23:02
>norlieさん、気持ちがシンクロ!普段は何かをやめる、諦めるってことは、負けるっていうか、マイナスな思いが強くなるのですが、たまにはやめたって、いいですよね^_^(完璧に自己弁護している。しかも、家事はいつも放棄しているくせに。)
Commented by barnes_and_noble at 2013-11-19 23:20
>ainameさん、お久しぶり!今は、もうすぐ市になるところにいます。そろそろワカサギの季節です。この冬は釣りたいわ~。
「前向きな諦め」って、いい言葉ですね。くよくよしても始まらない!そうだ、そうだ!その通り!
ainameさんも嫌なことはうまくスルーしながら、ストレス溜めないで、日々過ごしてくださいね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ギャンブラーにはなれない BARNES、BOOK BOX... >>