「様」がうまく書けない

友人たちはもう慣れっこになっているかもしれないが、
私ときたら、新年になってから年賀状を書くのが恒例。
勿論、家族の協力の元、昨年のうちに準備は出来ている。

なんか年賀状って、一方通行的な感じになってしまうのが、残念。
(全然準備ができないうちに、新年を迎えてしまうというのも大きいが。)
お互いに「お元気ですか?」って書いて、その返事は、宙に浮く。
なので、私は、私を見捨てずに年賀状をくれる,奇特な人達に
年賀状で返事を出す。
待ってて来ないと、松の内に、自分から書く。
年賀状に双方向を求める、自分勝手な私を今年もよろしく。

私は年賀状の宛名は絶対自筆と決めている。
今こそパソコンの普及で、みんな活字で寄こすけど、
昔は宛名の字を見て、差出人を当てたり、人柄を思い描いたりしたものだ。
年賀状の表で、私から来たよ、とわかってもらうために、
今日も、せっせと宛名を書いた。

そんな私の悩みなのだが、何十年も書いているのに、一向に
「様」という漢字がうまく書けない。
宛名で一番たくさん使う漢字は「市」と「様」だと思われる。
だから、毎年、書いているのに、縦の棒があるせいか、
はたまた、最後のちょんちょんちょんちょんのバランスが難しいのか、
「うまく書けた~!」と思った試しがない。

心を込めても、気合いを入れても、うまくいかないことはあるのだな、と
新年早々、変に納得している私である。



by barnes_and_noble | 2014-01-04 00:11 | モノローグ | Comments(2)
Commented by ainame62 at 2014-01-04 13:56 x
明けましておめでとうございます。
またまた のぞき見です。
岩洞湖で会いましょう。
学校のブログ担当していてね。
毎日アップでアップアップだったのよ。休み中はアップないから解放感でいっぱいです。
Commented by barnes_and_noble at 2014-01-04 16:24
>ainameさん、新年おめでとうございます。ワカサギ釣りに備えて、厚手の靴下をゲットしました。目指せ、2匹!(目標、低っ。)アップでアップアップ?オヤジギャグ炸裂ですね。しばし休息を取って、3学期に備えてください。今年もよろしくお願いします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 「白鳥の湖」ではなく 新たな1年の始まり >>