ここ3ヶ月で、出会ってよかった本~英国一家、日本を食べる

雑多な読書の記録を少しだけ(アップをサボりすぎて、忘れたもの多し)。
a0025572_22344177.jpg
「英国一家、日本を食べる」マイケル・ブース(亜紀書房)
英国のフードジャーナリストが家族で3ヶ月日本に滞在して著した食の記録。
まず、英国人の視点が面白い。
東京・大阪・京都・北海道・沖縄・福岡に数週間滞在している点もいい。
博多ラーメンの「一蘭」のくだりでは、ちょうど家族が一蘭のラーメンをお土産で買ってきていたので、食べる時に、その話題で盛り上がった。
また、「究極の料理店」で、東京の「壬生」が取り上げられていたのに驚いた。
「嵐にしやがれ」で嵐の5人が行って、出汁の取り方を教わった料理店だ。
番組を見た時、季節や風習を大切にする料理店なんだな、とは思ったが、
この本を読んだら(なんと15ページにも渡っての著述)、
マスコミに取り上げられたり、私たちにその存在を知られたりする
必要のない料理店なのだということがわかった。


by barnes_and_noble | 2014-08-14 23:24 | | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 雑多な本の記録~へいわってどん... BARNES、裏切られる の巻 >>