前売り券に関する、ちょっとした私の考え

この週末で「blast!」と「四月の雪」の前売り券を入手して、悦に入っている。

「blast!」はローソンチケットでは売り切れだったが、
地道にプレイガイドをあたって、ゲットした。
私にとっては破格の10,500円だが、絶対見たいと思っていたので・・・。

何たってペ・ヨンジュンの映画なので、これは買っておかねば、
と買いに行った「4月の雪」の前売り券。ポストカード付き。
5枚のポストカードのうち、1番と2番だけ決めて、買いに行ったら、
みんな同じ考えとみえて、両方とも品切れ。
残りの3枚のうち1枚を選んでと言われてもねえ、かえって選ぶのに難航してしまった。
映画の前売り券は、コンサートと違って、その映画ごとの思い入れが感じられて、いい。

トルストイの「人はなぜ生きるのか」を突然読んだら、
「人間は1年先の備えをしても、その日の夕方まで生きられない事は知らない」
と書いてあった。
人間いつ死ぬかわからないけれど、前売り券を持っている事は、今、確かに
その日までの望みと楽しみにつながる・・・
前売り券をコルクボードに貼って、そう思うのだった。 
by barnes_and_noble | 2005-06-28 07:55 | モノローグ | Comments(10)
Commented by R_76 at 2005-06-28 09:22
前売り券って、持っているだけで(まだ観てないのに)わくわくどきどきしますよね。
映画の前売り券は“絵”(というか画、ですかね)も載っていてちょっとお得な気分です。
何かしら特典がつくときもあるし、1300~1500円という魅力。
Commented by miyucolle at 2005-06-28 15:46
こんにちは!私のページも見てくださっていつもありがとうございます!!ブラスト!私も行きます!名古屋公演ですが・・・。去年大阪で観て大興奮でした!とっても楽しみです!おっ、私もです、と思わずカキコんでしまいました。miyu
Commented by my-shop at 2005-06-28 17:38
チケット…ものすごくこの頃、縁がありません(笑)
たまに頂く、美術館の入場券くらいかなァ?私。
前売り券。なんだか懐かしい響きデス。
Commented by barnes_and_noble at 2005-06-28 20:54
>Rさん、その通り、映画館の前売り券は思い出にできます。選りすぐりのデザインやシーンが1枚に凝縮されているんですから。それに比べると、コンサートのチケットの味気ない事。どれも同じですから。今日「逆境ナイン」見てきました。笑っちゃいました。
Commented by barnes_and_noble at 2005-06-28 20:58
>miyukolleさん、CMを見ただけで、目が釘付け。家族は音楽の授業で「ブラスト!」のビデオを見て、すごかったと言ってました。とっても楽しみです。きっと、公演のあとでは、家中の物を叩きまくってしまうのではないでしょうか。
Commented by barnes_and_noble at 2005-06-28 21:00
>my-shopさん、私もコンサートなどは縁遠くなっています。とは言いつつ、オレンジレンジなんか行ってみたいけど・・・。
Commented by ckaede at 2005-06-28 21:34
今、確かにその日までの望みと楽しみにつながる・・・
って、なんだかわかります。
カレンダーに書いた予定に一日一日近づいていくのがとても楽しみだったり、チケットをみながらにやにやりたりします。

楽しみですね!
Commented by barnes_and_noble at 2005-06-28 22:12
>ckaedeさん、前売り券をゲットすると、そのイベント自体とそのイベントへのカウントダウンの楽しさとの相乗効果で、2倍楽しめますよね。楽しみがふえて、とっても嬉しいです。
Commented by mirionn at 2005-06-28 22:31
毎日眺めてニコニコしてる様子が浮かんできます!
良かったわね!
Commented by barnes_and_noble at 2005-06-29 06:05
はい、先に楽しみが待っているというのは、とても幸せな事です。毎日の励みになります。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< くっつきマスコットバッグ収集中 ひとりぼっちでピザをほおばる日曜日 >>