パックン蛇を編む

a0025572_23203616.jpg
昨日、アトリエ訪問をしたせいか、何かを作りたくなり、
本当の名前は知らないけれど、勝手に「パックン蛇」と命名したものを編んでみた。
蛇の口に見える2つに割れた先っちょに指を突っ込んで
しっぽの方を引っ張ると、口がキュッと締まって抜けなくなる仕組み。

やってみると、とっても面倒臭い。
面倒臭いけど、ハマる。
私が見たのは、もっと長くて、しっぽの方を細く綯っていたけど、
それは無理というもの。

これ、実は図書館での夏のおはなし会のおみやげにする予定。
半年後に備えて、今から作りためておく・・・こういうことにだけ勤勉な私である。


by barnes_and_noble | 2015-01-09 23:35 | 手作り・雑貨 | Comments(2)
Commented by amamori120 at 2015-01-10 22:35
エライッです♪

お疲れ様でしたぁ (^_^)
Commented by barnes_and_noble at 2015-01-10 23:40
>amamoriさん、2015年初のお褒めの言葉です。ありがとうございます。ハマりましたが、やっぱり私には立体より平面の方が向いているようです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 「六分儀」とマジック・スクリーン 今年初のアトリエ訪問 >>