温泉がなけりゃ、やってけなかった3週間

自分にとって、怒涛の3週間は、友人の入院から始まった。
いつも元気で行動力のある友人が倒れたことに、色々、考えさせられた。
その数日後、父が入院。 その弱々しい姿に、人生って・・・と考える。

でも、日常は続く。
毎週火曜日には小学生へのよみきかせ。
書店でのよみきかせ2回。
市立図書館での「夏のちいさなおはなしかい」準備と小さな子の部の担当。
県立美術館でのミュージアム・コンサートの打ち合わせと、拙い司会。
保育園に入園する孫のため、お昼寝用の布団やタオルケットに名前をちくちく。

同僚との飲み会、友人とお茶、お友達夫妻とは「よ市」で夕涼み。
県立美術館の「ゴーギャンとポン・タヴァンの画家たち」には最終日に滑り込む。

ほんと、友人との日帰り温泉と、義母に連れて行ってもらった1泊2日の温泉旅行が
なければ、やってらんない日々。
行く前は、行くことを楽しみに自分を叱咤激励し、
行った後は、その思い出を糧に、自分を鼓舞する、そんな日々。

なのに、今は、温泉を楽しめない状況に。わけあって、膝に包帯してるから(涙)。



by barnes_and_noble | 2015-07-16 00:03 | モノローグ | Comments(2)
Commented by miki3998 at 2015-08-17 01:08
温泉行きたい! 
Commented by barnes_and_noble at 2015-08-24 23:58
>mikiさん、お薦めの温泉があります。義母に連れて行ってもらったのですが、「志だて」と言って、なんと、中学生以上でないと宿泊できない、大人向けの宿です。花巻にいらしたときに、是非!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 現場を見たかって? 雑多な読書の記録~モダン >>