川を下ってみたならば

今年も恒例、「北上川の川下り」の大会に参加。
前日まで大雨だったけれど、大会は開催された。
何せ、ギネスかかってるから、よっぽどのことがなきゃ、中止はしないよね。
何のギネスに挑戦かというと、川下りの大会でのゴールしたボートの数。

ってか、盛岡の人って、負けず嫌いだよね。
この大会でギネスに認定されたボートの数が追い越されたからって、
リベンジしようとするし、
去年は、踊りながらたたく太鼓の数でリベンジを果たしたし。

各チーム予め1個のバッジをもらっていて、ゴールすると、そのバッジを
ギネス認定員の見守るところで、所定のケースに入れるという仕組み。
暑い中、認定員のかた、ブレザー着て暑そう。
その認定員のおかげで、ギネス認定されたわけだけど。

ま、私たちは女子チームで、参加数の三分の一の位置につけ、
まあまあかな、って感じ。
かかった時間も1時間ほどで、例年通り。

ただ、ゴール地点から、上陸地点まで川を下ってみたならば、
いよいよ夏到来!
川からの目線が新鮮!
ゴール後の冷えた飲み物がこんなにおいしいとは!
!!!で、とっても楽しかったのだ。
by barnes_and_noble | 2015-07-31 21:44 | モノローグ | Comments(2)
Commented by ckaede at 2015-08-03 20:56
今年も川下りお疲れ様でした!
ギネス達成もおめでとうございます。
終わったあとののみもの、いいですねー。
わたしならビール一択です。
Commented by barnes_and_noble at 2015-08-09 21:40
>kaedeさん、ギネス達成の一員になれたのは、面白い出来事でした。今年もゴールできてよかった!総合で1位になったペアは、72歳と62歳だったとか。それを聞くと、年齢じゃないのね、私もまだまだ伸びしろがあるのね、と楽しくなってきます。川下りのあとの飲み物はほんと、生き返りますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 雑多な読書の記録~浮世道場 「あん」を観にいく >>