開けた人にしかわからない

今日、片づけるべきテーブルの上はさておいて、
キッチンの左の調味料を入れている抽斗がなぜか気になり、
座り込んで整理を始めた。
古くなった粉類は処分し、色々な砂糖や塩を整理し始めたら、楽しくなって、
抽斗の中がきれいになったことにも満足して、
秋の1日が終わった。

抽斗の中なんて、開けてみた人にしか、きれいになったかどうか、わからない。
テーブルの上は、汚いまま。
でも、とっても気分がいい。

明日は、ちょっぴりだけテーブルの上の物をどかしてみるかな。

by barnes_and_noble | 2016-10-31 00:13 | モノローグ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 「ボクの妻と結婚してください。」 日本シリーズ第4戦 >>