ちょこちょこ夏休み

関西在住の人から「あっついですね~!」とメールが来たが、
もう秋の気配を感じる気温なので、日本って南北に長いのね、と実感した。
確かに今日も甲子園は暑そうだった。
地元の高校の試合、3回戦と今日はテレビで見たのだ。
残念ながら負けたけれど、ベスト8は立派な成績。拍手~!

さて、長い休みなど取れなかったけれど、2017年の私の夏休みをざっと記録しておく。

「ちいさいおうち」展・・・バージニア・リー・バートンの作品や人生についての展覧会。
             仲間とのテキスタイルが素敵で、豊かな生き方をした人だと思った。

「お茶のいろは」・・・原宿の中にぽっかりと日本茶の世界出現。
           お茶についての知識やおいしい淹れ方を学べる。
           最後に京都のお菓子と生茶のおみやげ付き。

「アノニム」(原田マハ著)・・・スリルのある映画を観ているような小説。読み応えあり。

「みかづき」(森絵都著)・・・現代の教育問題に触れつつ、人間の生き方について考えさせられる小説。
               こちらも読みごたえあり。

「素敵な遺産相続」・・・シャーリー・マクレーン主演のしゃれた映画。
            軽いタッチの映画は楽に見られて、いい。ハッピーエンドだったし。

「友人とご飯」・・・高校時代の友人。最近、再会し、ご飯を食べに行く。
          3時間色々しゃべり、笑う。これからも仲良くしていきたい人。

「叔父のお葬式」・・・人生の節目の時に、血縁とか考える。新しいお葬式の形を知る。

「いとこと喫茶店」・・・お葬式で合流したいとこと定禅寺通りの「ギャルソン」で。
            いとこはとても心のきれいな人で、控えめ。
            同い年なのに、正反対の性格。
            でも、彼女との幼い頃の思い出はたくさんある。

「実家の台所の掃除」・・・ひどかった。1日でギブアップした。
手伝ってくれた家族にお手当を出したほど。
             そのままになっているので、これは秋に続く・・・とほほ。

こんなところ。明日からまた通常営業の日々。
あ、懸案事項がまだ残っていた。
色々な人に葉書や手紙を書くという決心をしていたのだった。



by barnes_and_noble | 2017-08-21 00:33 | モノローグ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< どんより気分から抜け出す 今日こそ見たかった! >>