アアルトの椅子

10年以上も前に堀井和子の『アアルトの椅子とジャムティー』(ベストセラーズ)を読んだ。
たまに思い出して開いてみる。

でも、今月、宮城県立美術館で「フィンランド・デザイン展」を見て
私の中で何かがつながった。
本の写真で見ただけの椅子が、目の前にあって、
ああ、これは座ってみたくなる椅子だと思ったのだ。

アアルトの椅子に座って、ジャムティーを飲んで、好きな本を読むとか、最高だなあ。
椅子を買うのは無理だろうし(年末ジャンボは買うけど)、
部屋が狭いから、
期間限定で貸してくれないかな。

「フィンランド・デザイン展」は展示数は少ない感じがしたが、
一つひとつがとても素敵だった。
お金があったら、買いたい物がたくさんあったが、カタログだけ買ってきた。
しばらくはアアルトの椅子の写真で満足。


by barnes_and_noble | 2017-12-10 22:06 | モノローグ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< メールの整理 小さい子は赤い色がお好き? >>