年上の女友達

私には年上のお姉さま方がいて、
次に読んだ方がいいと思う本のことや
あらゆる物事には裏側があるということや
私の知らないうちに進められていることの顛末や
これからの人生で起こり得るだろう困難や幸せのことを
あとくされなく、
少し遠慮がちに教えてくれる。

私の仕事が少し時間的に楽になったことで、
誘われることも多くなった。
彼女たち曰く、
「自分たちの足でいつまで出かけられるか、わからないもの。」
遠慮がちに誘われることは、嬉しい。
都合に合わせて、サクッと断れるのも、助かる。

彼女たちとの時間を楽しみたいと思う。
ただ、私は彼女たちみたいに、「誰かの年上の女友達」になれるのかどうかは疑問。


by barnes_and_noble | 2018-05-10 18:38 | モノローグ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


ドリス・ヴァン・ノッテン ファ... >>