そういう人に私はなりたい

実家を整理した時に、母が使うつもりで取っておいた糸や羊毛の山を
どうするかが問題だった。

つてを頼って、引き取ってくれる人と会ったのが、8月。
その後、1回、糸を糸巻きと一緒に届けてからは、
届けるタイミングを逃していた。

すると、先週末、電話がかかってきて、
ジャケットを作ったから渡したいと。
なんと、自分の機にかかっていた糸に届けた糸を織り込んで、
ジャケットに仕立ててくれたのだという。

前回会った時に、大体の体格がわかったので、
肩幅は若干狭くしたとか、袖の長さも考えたとか、
細やかな心遣いに感謝。
暖かくて、軽い。
ポケットもついている。
洗濯機で洗ってもいいとのこと。

「あのね、自己流だから、大したことないのよ。」とほほ笑むが
大したことある!
しかもデザイン違いで2着も!

黒のタートルネックの上に羽織れば、
様々な色が織り込まれているので、映える。

お話をしていると、すごく豊かな気持ちになれる。
これから年を重ねていった時、こういう人になりたいと思った次第。


by barnes_and_noble | 2018-11-06 21:15 | モノローグ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 徒労 二度続けて後頭部がうつる、の巻 >>