人生の折れ線グラフは今日も振り幅大

誕生日を迎えるにあたって、スペシャルな日々が続くようにと願ったが、
いいことも悪いこともスペシャルすぎて、
心も頭もいっぱいいっぱい。

嵐の活動休止宣言から始まって、
「ボヘミアン・ラプソディー」、
アンカーマン担当だった広報紙の校了、
前日まですたすた歩いていた母の緊急入院、
楽しかった青森屋の旅、
家族の心配事・・・。

しなくてはならないことがあるのは、ある意味、救いになる。
前言撤回で、今では、平穏な日々が続くようにと願っている。

by barnes_and_noble | 2019-02-10 09:16 | モノローグ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 誰かが覚えていてくれる 誰かが... スペシャルな誕生日 >>