誰かが覚えていてくれる 誰かが手を差しのべてくれる

朝から次々に予定が入っている1日と
思考が停止してぼおっと過ごしてしまう1日が
たがいちがいにやって来て、
結局何も進んでいなくて、
「疲れ」だけが残る日々。

でも、私が一つ年を取ったことを覚えていてくれる人はいて、
手を差しのべてくれる人もいる。

今はそれが、身に染みる。



by barnes_and_noble | 2019-02-17 23:27 | モノローグ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 本に囲まれて、忙しいのが好きな... 人生の折れ線グラフは今日も振り幅大 >>