私ごときが心配することではないけれど

平成から令和になる時に、
上皇さまと上皇后様のエピソードや軌跡をたくさん見聞きしたせいもあり、
お二人が大好きになった。

天皇陛下も立派な方だと思うが、
心配なのは、雅子さまのこと。
宮中晩さん会など、大丈夫かしら?と
平民なのにもかかわらず、思ったりする。

でも、令和の時代になってから、
お見受けする表情が明るく、
宮中晩さん会にも終わりまで参加されたときいて
「ああ、よかったなあ。」
「これからも、持ち味を発揮していってほしい。」と
願ってしまう。
ほんと、私ごときが心配することではないけれど。

by barnes_and_noble | 2019-05-28 23:49 | モノローグ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 大きなことを見失う なんで溢れてくるのかな? >>