悲しい宣告

久しぶりにスニーカーを履こうと思った。
とても履き心地がよく、調子よく履いていたら、
裏のゴム部分がペラペラはがれてきた。

近くのデパートのリペアのコーナーに行ったら、
「こうなると、修理は無理。買い替えですね。」と言われた。
では、と、そのスニーカーを買った専門店に行ってみた。
それでも、答えは同じ。
「修理はできません。」

まあ、買ってから随分経つけれど、
修理不可能って、どういうことですか?!

勿体ない。実に勿体ない。
けれど、泣く泣く、処分することに。
修理する技術が発達しても、その頃にはゴムはもっと老化しているのだから。
悲しいけれど、お別れだ。
悲しい、でも、あまりにきっぱりした宣告だった。


by barnes_and_noble | 2019-06-06 18:07 | モノローグ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< またやってしまった! 大きなことを見失う >>