珍しく・・・

昨日の夕方は、最高に蒸し暑くて、
身の置き所もなかったので、
あとで書かなければならなくなる
児童文学研究会のお知らせと
美術館でのトーク&ティーの記事を汗水たらして仕上げた。
集中力がないので、5時間くらいかかった。

いつも締切ぎりぎりになってしまう私にとっては、
大変大変珍しいこと。
これも猛暑のなせる業。

エアコンのないわが家、帰宅したら、扇風機が壊れているではないか。
でも、外からは涼しげな虫の声。
猛暑の終わりもあと少しであると願いたい。



by barnes_and_noble | 2019-08-17 22:50 | モノローグ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 読んでは、処分、読んでは、処分 この夏は暑いうえに・・・ >>