『雲を紡ぐ』の次は『しずかな魔女』

『流浪の月』の後に、『雲を紡ぐ』伊吹有喜(文藝春秋)を読み、
今日は『しずかな魔女』市川朔久子(岩崎書店)を読み終えた。

図書館が舞台ということもあって、
私が好きな世界だった。
友人から、市川朔久子の『子やぎのかんむり』(講談社)も借りているので、
今度の休みには、それを読み始めようと思う。

小説好きの同僚のおかげで、
絵本以外の本を読む機会もぐっと増えた。

年をとっても、「読む」ことは続けたい。
五感のうちで、一番、大切なのは、「視覚」だな。


by barnes_and_noble | 2020-07-21 21:20 | | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< こういう時にしかできないこと 朝のルーティン >>