○○君のお母さん

昨日からど〜っと気落ちしてます。
戦っていたのは家族なのに、
県大会準決勝で、普段の力を出せぬまま、敗退したのを見て、
この試合で引退かと思うと、
もっとしてやれることがあったのでないか、と思ったり、
もう、明日からは受験に向けて頑張ってもらわなくては!と思ったり、
この際、早くスポーツ少年団の引き継ぎをしてしまいたいと思ったり、
今まで応援や練習試合の送り迎えをしていた時間をどう過ごそうかと考えたり、
いろいろな思いが頭を駆け巡り、脳味噌を使い果たし、夜の6時から朝の6時まで爆睡。

3年生が少なく、2年生や他のクラブから助っ人してもらわないと、
試合にも出られなかったこと。
親が全員役員をしなければならなくて、最初は文句たらたらだったけど、
市の大会で3位になった日の夜、なぜか、みんなで幸せだったこと。
県大会でも3位になれたこと・・・なんかを思い出すと、なぜかしんみり。

「○○君のお母さん」って言われたくない、とかいうのをよく耳にするけれど、
私は、いつまでも「○○君のお母さん」でいたかったなあ。
by barnes_and_noble | 2006-07-18 21:27 | モノローグ | Comments(16)
Commented by polaris221 at 2006-07-18 23:28
こんばんは。
barnes_and_nobleさんの落ち込み原因はこれだったんですね。
わかります!
試合で引退して、
次は受験!って、なんかなかなか切り替えができないんですよね。
クラブに賭けてた思いが強すぎたからか、
私は、最後まで真剣に受験に向かうことができなかったな~・・反省。
でも、案外子供さんはもう切り替えておられるかもしれませんよ。
そのうち時間が解決してくれます。
大丈夫ですよ♪
Commented by ckaede at 2006-07-19 00:25
ああ、なんだか夏だなぁと思ってしまいました。
子供さんが完全燃焼されたのだといいなと思います。
三位なんてすごい!

試合に出なくても、いつだって、「○○君のお母さん」だと思います。
Commented by mirionn at 2006-07-19 07:23
3位おめでとう~ヽ(´▽`)/~♪
立派ですよ
ハンドボ-ルでしたか
息子もやってました~万年補欠でしたが最後の試合にだしてもらった事
を思いだしました
barnesさんの事だからすぐに夢中になれる事がでてくるわよ(^_^)
Commented by barnes_and_noble at 2006-07-19 19:13
>polarisさん、比較的多趣味なので、家族の部活はその中の一つに過ぎないと思っていたのですが、思っていた以上に部活の占める割合が多かったのですね、しみじみ〜。・・・でも、もう、携帯には、「ご苦労さん会」の会場の予約や、部員の記念写真について連絡が入っています。一人でしみじみするのは、まだ早いってことですね。
Commented by barnes_and_noble at 2006-07-19 19:23
>kaedeさん、3年生だけではメンバーが足りないのに、3位に入ったことは、考えようによってはスゴイのですが、最後の試合には悔いが残っていると思います(涙)。でも、夏という季節に、日本中いたるところで、先輩から後輩へバトンが渡されているんですね。やっぱり、しみじみ〜。
Commented by barnes_and_noble at 2006-07-19 19:26
>mirionnさん、ありがとう・・・ううう(泣)。取りあえず、29日の川下りの大会に燃えますか、優勝目指して!(←これを、人は「無謀」と呼ぶ)
Commented by jsby at 2006-07-19 21:43
市の大会で3位、県大会でも3位、親子していい記念碑ができました。「○○君のお母さん」と言われるのも、悪くない、悪いものじゃない。後にはいい思い出が心に残りましたから。さぁ、次は受験に向けて頑張るのみ!
Commented by ville202hirocat at 2006-07-19 22:08
3位でしたか..。すばらしい〜と思うのですが、やはり戦ってきた人にとっては残念なのでしょうね。
とりあえずお疲れさまでした!!
部活をして青春していたお子さんと同じく、親のほうもしっかり部活に参加して青春を取り戻していた(笑)ということですね。
とてもステキなことですね〜。
Commented by amamori120 at 2006-07-19 22:42
今晩HA。 拙ブログへのコメントで、落ち込んで・・・とあったので、
もしやと思ったらやはりコレでしたか。
何を言っても慰めにはならないと思いますが、お力を落とさず、明日に向かって撃て!  で行ってください!
Commented by yorikoguma at 2006-07-20 16:20
きっと、後になって振り返ったら悔いの残る試合もいい思い出
だとおもいます。我が家では兄も私も部活動をばりばりやって
親にはすっかりお世話になりました。
一番よかった試合を見てもらえなかったことは残念に思い出す
事はあっても、試合の結果についてはすっかり「ステキ思いで
ボックス」のなかで一緒になってあったまっています。^^
Commented by barnes_and_noble at 2006-07-20 21:52
>jsbyさん、友人に、「気が抜けちゃって・・・。」と電話したら、「珍しい!そりゃ、一大事。仲間を招集して、何か食べに行かなくちゃ!」と言ってくれましたが、結局40分もしゃべってて、家族にあきれられました。
それはそうと、入れる高校を探し始めなくてはなりません。
Commented by barnes_and_noble at 2006-07-20 22:00
>hirocatさん、確かに自分も青春してたのかも。サンウ息子のお尻をたたく半年の幕開けです。鬼になって、部屋に閉じ込めて、勉強させなくては!(おっ、サンウが塾から帰って来ました。母の仕事、開始です。)
Commented by barnes_and_noble at 2006-07-20 22:03
>amamoriさん、そう、過去ばかり振り向いていてはいけませんね。日曜日に「ミッション・インポッシブルⅢ」でも見て、次なるミッションを探さなくては!
Commented by barnes_and_noble at 2006-07-20 22:06
>kogumaさん、「すてき思い出ボックス」って、いいですね。彼のボックスに、この3年間のことが大切にされていれば・・・と願わずにはいられません。私のボックスの一番上には入れました。
Commented by 森 鴎 at 2006-07-24 00:35 x
○○君のお母さん、という言い回しが定着するのは日本だけなんでしょうね。
Commented by barnes_and_noble at 2006-07-25 18:06
>森さん、初めまして。日本だけなんでしょうか?子供には必ずお母さんがいるんですけれどもねえ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< こんなツアーは、いいかもね。 本末転倒 >>