飲み会でちょっと笑える名前

図書館での辛酸なめ子との遭遇で思い出したが、
飲み会などでたまに笑える名前の話で盛り上がることがある。
例えば、結婚して姓が変わって、
まりちゃんが
「水田まり(みずたまり)」や「塩田まり(しおだまり)」や
「小田まり(おだまり)」になっちゃうとか、
フキさんが「大洞フキ(おおほらふき)」になっちゃうとか
佐藤としおさんを平仮名で書くと、「さとうとしお(砂糖と塩)」って読んじゃうとか
只野さん家では、どんなに偉い人でも、「ただの」人だとか・・・。

探せばもっとあるんだろうなあ。
そう言えば、中学校の先輩の名字が「御手洗」で「みたらい」と読むことを知った時の
衝撃は、「お手洗い」という字を見るたび、蘇ってくる。
「辛酸なめ子」という名前を知った今、
おもしろい名前にひとり反応し、「くくく〜」と笑いをかみ殺しそうな怪しい私である。
by barnes_and_noble | 2006-09-26 23:31 | モノローグ | Comments(8)
Commented by amamori120 at 2006-09-27 21:11
思い出しましたが、D証券の、ウチの担当が成田利奈(ナリタリナ)さんという名前でした。  name と なまえ  似てるなぁ ww
Commented by barnes_and_noble at 2006-09-27 21:27
>amamoriさん、名前の回文ですね。それも楽しい。実は、私もnameと名前が似ていると思っていた一人です。
Commented by mon_peinture at 2006-09-27 22:12
こんばんはー。たしかについ笑ってしまう名前ってありますよね。
かわいそうなんだけど。
Commented by mirionn at 2006-09-27 22:28
そう考えると名前も面白いわね
でも・・・自分の名前は嫌い・・好きな名前つけられたら良いと思うことあるわ(’-’*) フフ
Commented by jsby at 2006-09-27 22:41
もともと変った苗字と名前だったら、「ま、しょがないか」と諦めても、結婚して姓が変ったために、変な名前になってしまったら、諦め切れないかも。でも、世の中には変った名前の人がいるんですね。まりちゃんシリーズがおもしろいです。秋の夜長、お酒でも呑みながら、そんなことを思いつくのも楽しそうですね。
Commented by barnes_and_noble at 2006-09-28 22:06
>mon_peintureさん、そうそう、それからすぐには気付かなくて、後で面白さに気付くってこともありますね。本人にはかわいそうですが・・・(笑)。
Commented by barnes_and_noble at 2006-09-28 22:08
>mirionnさん、ご自分のお名前が嫌いとは、聞き捨てなりませんね。呼ばれるたびに暗くなる?それはつらいものがあります。
Commented by barnes_and_noble at 2006-09-28 22:12
>jsbyさん、今は姓を選べる時代ですから、昔より悲劇(?)は減ったとは思いますが、せっかくウケる名前になったら、それを逆手にとるというのもありですね。まりちゃん、まりちゃん・・・あ、「樋田まり(ひだまり)」なんてかわいいかも。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 「ブドウ」が制服になっちゃった! こういうことって、たまにある・・・ >>