縁とは異なもの〜交通事故編

今日、あるギャラリーでの彫刻展のハガキが届いた。
このハガキの差出人との出会いは数カ月前。
自転車でバイトに急ぐ家族が、石屋さんでゆっくりバックしていたトラックと接触、
ケガはなく、自転車が少しゆがみ、シャツが破れた程度だったが、
相手の人はとっさに名刺代わりに、
トラックの中にあった自分の個展のハガキの残りを手渡した。

その後、相手の人はわが家にお見舞いにやってきたが、
検査の結果も異常がなく、自転車を直してもらうということで、話がついた。

お茶を飲みつつ、ところで、あの時手渡された個展のハガキは?という話題になった。
学生のころ、彫刻をやっていて、石屋さんでアルバイトをしていたのが、
そのままそこに就職、年に1回、石の彫刻の個展をしているとのこと。
すれはすごい、今度個展をする時は、知らせてください、となって、
今回のハガキにいたる。
勿論、芸術のことはわからないが、お邪魔するつもりである。
人の縁とはほんとに意外なものである。
by barnes_and_noble | 2006-10-31 23:09 | モノローグ | Comments(12)
Commented by jsby at 2006-11-01 07:21
本当に人の縁とは不思議なもの。何か物語のイントロみたいな出逢いがロマンチック!石の彫刻展、お出掛け後のレポートを待っています。(^^♪
Commented by mirionn at 2006-11-01 12:25
たいした怪我でなくてよかったから
縁ができたけど・・これが大事故だったらそんな事も言ってられないわね
(’-’*) フフ
Commented by mon_peinture at 2006-11-01 17:29
すごい出会いですね。幸い、怪我をせずよかったですね。
すごいところで、出会いがあるんだと、びっくりました。
Commented by amamori120 at 2006-11-01 20:29
まさに happen upon というヤツですね。
一期一会   いい言葉です。
妙なご縁のようですが、大事にしてください ♪
Commented by polaris221 at 2006-11-01 20:40
人の縁というのは、
どこで繋がっているかわからないぐらい
不思議ですよね。
出会いは大切にしたいですね。
だけど、怪我がなくて良かったですね。
石の彫刻・・・見てみたい♪
Commented by barnes_and_noble at 2006-11-02 18:54
>jsbyさん、石の彫刻展は、初めてです。こういう縁でもなければ、一生見に行くことはなかったジャンルのものかもしれません。こういうご時世だからこそ、縁は大切にしたいですね。
Commented by barnes_and_noble at 2006-11-02 18:55
>mirionnさん、そうですね。「安全」に関しては、謙虚に暮らしていかなければなりませんね。家族にとっては、いい薬になったと思います。
Commented by barnes_and_noble at 2006-11-02 19:50
>mon_peintureさん、相手の方はとてもいい感じの人でした。こちらの不注意も多分にあったと思いますが、対応が親切でした。だからこその縁だと思います。
Commented by barnes_and_noble at 2006-11-02 19:52
>amamoriさん、こういうご縁は、なかなかあるものではありません。珍しいパターンです。でも、人生、こういうこともあるんですね。一期一会が心に染みる秋です。
Commented by barnes_and_noble at 2006-11-02 19:54
>polarisさん、不思議な縁ですが、こういう出会いのある世の中は、まだまだ捨てたもんじゃありません。・・・というか、こういう縁がごろごろ転がっている上に私たちがアスファルトやコンクリートを流して、固めちゃっているのかも。
Commented by senses-revival at 2006-11-03 00:17
ドラマのように感じました。
交通事故というきっかけですがなんだかいい縁になっていきましたね^^
Commented by barnes_and_noble at 2006-11-03 01:33
>sensesさん、これが男女なら、これがきっかけでおつき合いなんてこともありそうですが、男同士プラス私たち家族ではね(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< せこい花束 すわっ、冬の足音か? >>