雰囲気が好き、ナイター観戦。

たった今、ナイター観戦から帰ってきた。
お気に入りのセバスチャン古田(勝手に命名してしまった)の
ヤクルトが勝利。

私は、ナイターの日の球場の周辺の空気が好き。

夕暮れが迫ってくると、もう下校した子どもたちが
グローブ片手に集まって、門が開くのを待ってたり、
座布団やマットやビールやおつまみを持って
いそいそ歩く、仕事が早く終わったお父さんの姿。

試合が始まってから、学校帰りの学生さんや
仕事帰りのサラリーマンが、急ぎ足で球場に向かう姿や
あたりが暗くなるにつれて、席が段々に埋まっていく様を
見ると、なんとなくいいなあと思う。

ちょっぴり帰りの時間を気にしながら、観戦してるってのも
なんだかいい。
みんなが自分の生活時間をやりくりして、
ナイター観戦の時間を生み出しているってところが
とてもいい。

もう、今年は我が家の近所の球場では
ナイターはないのだけれど、
来年もこの雰囲気を味わうのを楽しみにして、
しばらくは今日のチケットをしおり代わりに使おうと思う。
by barnes_and_noble | 2004-06-30 22:12 | モノローグ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 自分流 2004年 上半期 ち... 早く読みたい、ジル・チャーチルの新作 >>