知っていたけど・・・

2週間前から知ってはいた、近くの池に白鳥がやって来たことは。
空を渡ってくる声がしたし、夜に池の水面に浮かんでいるのも見た。
ただ、明るい時にそばを通れなかっただけ。
でも、やっと「冬の使者」の姿をカメラに収めることができた、まだ数は少ないけれど。知っていたけど・・・_a0025572_23274083.jpg知っていたけど・・・_a0025572_2328841.jpg知っていたけど・・・_a0025572_23285751.jpg






まだ水面に浮かんでいるけれど、今に凍った池の上を歩くことになる白鳥。
これから次々にやって来て、パンをおねだりする白鳥。
まん中の写真のまん中の白鳥は、親鳥と同じ大きさだけど、まだ子供。
灰色の毛でわかる、「みにくいアヒルの子」だってことは。
どんどん影が長くなって、ダッフルコート姿の私はマトリックスのネオみたい。

今日から12月。
1.両親の50回目の結婚記念日だった。50年って、すごくない?!
2.大崎電機vsトヨタ紡織のハンドボールの試合を見に行った。すごかった!
3.昨日の泊まり客は大学生1名、今日は高校生3名(宿帳かい?)。
by barnes_and_noble | 2007-12-01 23:49 | モノローグ | Comments(12)
Commented by jsby at 2007-12-03 17:56
ご両親の50回目の結婚記念日というと「金婚式」ですよね。
本当!凄いことです。何かサプライズパーティを計画され
ているのでは?

白鳥が飛来する池がご近所にあるなんて羨ましいです。私は野鳥が
大好きなので。、「みにくいアヒルの子」が優雅な白鳥になっていく様子
を眺めるのは楽しいですね。我が家は相変わらず、メジロのとシジュウ
カラのつがいが日参してきています。野鳥を眺めているだけで、日頃の
ストレスも癒されます。
Commented by barnes_and_noble at 2007-12-03 20:39
金婚式のお祝いはしようとは思っているのですが、まだ具現化していません(年は越さないようにしたいものですが・・・)。たまたま暖かい日に白鳥の写真が撮れましたが、今日は雪が降ったので、寒くて、寒くて、白鳥を見るのにも、暖かいコートが必要です。白鳥は毎年、100羽以上はやって来ます。遠くから見ると、優雅ですが、至近距離から見ると、その迫力に圧倒されますよ。
Commented by senses-revival at 2007-12-03 21:20
お近くに白鳥が飛来するなんて良いですね^^自然が豊かな所ですね!
私は駅までの道でカラスが異常に多くなって怖い思いをしております~
Commented by barnes_and_noble at 2007-12-03 22:04
>sensesさん、朝は白鳥が空を渡ってくる声で目が覚めることもあります。白鳥の編隊飛行は、とても美しいです。カラスが編隊飛行していたら、こわいけど。電線にカラスがずら〜っと並んで留まっているのって、いい感じしませんよね。カラスを悪い奴にしているのは人間かもしれないけれど。
Commented by lazyMiki at 2007-12-03 23:32
ご近所に、季節を感じられる自然があるっていいですよね。
白鳥ですか~。ビューティフル。
こないだ、友人が「マトリックスのトリニティー」を思い出せず、「ほらあの、くるくるする人が・・・」とか、何ひとつ固有名詞を出さずにあの映画を説明しようとして、挫折してました。
Commented by mirionn at 2007-12-05 10:36
白鳥がきましたか
まじかで見られるなんていいなぁ~羨ましい~~~~~
Commented by yorikoguma at 2007-12-05 17:43
白鳥って、想像以上に大きいですよね。
この間久しぶりに間近で見て驚きました。
実家の方にも白鳥、来るんです。鳥取なんですけど南限に近い
かも。
金婚式。50年。脱帽です。
素晴らしいですね。ぜひぜひ盛大にお祝いなさって下さい。
おめでとうございます!
Commented by polaris221 at 2007-12-05 20:11
ご両親の金婚式、おめでとうございます☆☆
お祝い、楽しみですね♪

こちらでも、
白鳥の群れを見ることがあります。
田んぼの中で、じ~としてます(笑)
Commented by barnes_and_noble at 2007-12-05 20:37
>lazyMikiさん、近所の池は桜の名所100選にも入っている公園で、市民に愛されています。個人所有ではないので、なくなったりしないし(笑)。ネオという名前はなぜかひらめいて、その1分前まではキアヌ・リーブスという名前すらも出てきませんでした。固有名詞ってそういうこと、ありますよね。
Commented by barnes_and_noble at 2007-12-05 20:42
>mirionnさん、「渡り鳥」っていうのは、ほんとに「季節の使者」だと思います。白鳥には優雅さだけではなくて、自力で空を渡ってくる力強さを感じます。
Commented by barnes_and_noble at 2007-12-05 20:51
>kogumaさん、そう、白鳥って、遠くから見るとアヒル程度に思えるけれど、実は人間一人くらいなら乗せて飛べそうなくらい大きいですよね。鳥取の方までも行くとはパワフルだなあ。
50年って一口に言いますが、すごい時間ですよね。感心、感心。
Commented by barnes_and_noble at 2007-12-05 21:34
>polarisさん、白鳥と田んぼが結びつきません。こちらの白鳥は寝る時以外はしっとしていませんよ。羽ばたきの練習やえさ取りなど頑張っています(笑)。金婚式、「気がついたら50年経っていた」らしいです(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 「グリーン・ノウ」は、どうなった?! 炉開きで、お茶の世界も冬突入! >>